ポスティングでの集客が失敗した!

ポスティングで集客を失敗

ポスティングで集客が上手にできなかった例を参考に反面教師として予習をしておくことも大切です。なぜポスティングが失敗してしまったのかその理由とポスティングで集客を効果的にするコツを解説していきます。ポストにチラシを投函して集客するのがポスティングですが、「投函して終わり」という場合も多いのではないでしょうか?集客のコツが分かればお客様の反応率が上がり、自社の売り上げが伸びることに繋がります。

ポスティングで集客を失敗した原因

ポスティング集客が上手くいかない原因を知る必要があります。原因を1つずつ解決していくことで、結果的に効率良く集客できることに繋がります。ポスティングの集客が上手くいかない原因はいくつかありますが今回は代表的な3件をご紹介いたします。

配布枚数が足りない

本気で集客を考えるのであれば枚数が全然足りません。何件反響が欲しいか、そこから何割を成約につなげるか逆算して枚数を準備する必要があります。ポスティングの枚数は集客における非常に重要な要素であり、できるだけ配る枚数を増やしていく必要があります。

チラシの要素が不十分

必要な情報が伝わらなかったりごちゃごちゃしていて見づらいことが良くあります。本当に必要な情報と補足的に必要な情報が仕分けされていないだけならまだしも、必要な情報が抜けてしまい、余計な情報が多いチラシもよく見かけます。『Simple is Best』が重要です。

ターゲットに届いてない

目的のターゲットや配布地域を間違えてしまっていませんでしょうか。ターゲット選びを間違えてせっかく手間暇かけて作ったチラシが見向きもされないまま捨てられてしまったり、統計情報に頼りすぎて、店舗周辺にチラシが撒かれていなかったり、というパターンが良くあります。

集客に失敗したポスティングの改善点

配布枚数を一定数以上にする

どのような業種でも最低1万部は配布することを検討しておきましょう。と言いますのもポスティングの反響率は0.05%~0.3%です。業種によって幅はありますが、この数字で見ると良くても30件です。新規の顧客を100件集めようとすると、30,000部以上の配布が必要です。この3万部を一度に撒くか、数回に分けて撒くかなどの戦略が必要です。

チラシの内容を極力削る

売りたい商品、伝えたいことが沢山あるのは良くわかりますが、購入者が知りたい事は何か丁寧に考えてあげてください。極端に言うと『いつ』、『どこで』、『何が』、『いくらで』、『どのように買って』、『どのようなメリットがあるか』、がわかれば必要な情報はそろいます。どのようなメリットの部分を極力スマートにしましょう。

マーケティングをしっかりしよう

自分たちの商品を誰に売りたいのか、メインターゲットはどの層なのか、明確ににしてターゲットに合わせた広告戦略を組みましょう。ターゲットを絞ることで『チラシのデザイン』『配布する地域』『タイミングや配布方法』など適切なものが決まってきます。ここをおろそかにしてしまうと、チグハグな仕上がりになりポスティングは失敗します。

ポスティングでの集客を失敗しないために

ポスティングの集客を失敗しないための予習は大切です。どのような事に注意して計画を立てればよいか、どのようにしてチラシを作れば良いかなど説明いたします。

集客には業種別に最適は時期がある

業種によって集客に向いている時期がございます。わかりやすく例えると、秋に夏物の商品を売っても売れません。このように消費者が『欲しいや』、『考えておかないと』と思い始めるタイミングに広告を出すことが重要です。メーカーやブランドなど特に気にもせず漠然とイメージしている所に具体的な商品のイメージが来ると購買意欲を駆り立て集客につなげることが可能です。

常に効果測定を行う

毎度ポスティングの効果を検証いたしましょう。今回は集客に成功した、次は失敗したというときになぜ前回は反響があり、今回は反響がなかったのかを検証することで、精度の高いポスティングができるようになります。この作業を積み重ねることで高い集客効果を得ることができるようになります。

ポスティング業者をしっかり選ぶ

どれだけ前準備をしてもポスティング業者を間違えてしまうとすべて水の泡です。しっかりと配布をしてくれるのは当然で、配布エリアの地域性や配布時期、印刷やデザインについてもしっかりと相談に乗ってくれて、反響を出すために提案をしてくれる業者を選びましょう。