習い事チラシのポスティング

習い事チラシのポスティング!
配布方法は?ターゲットは?注意事項や戦略は?

習い事関係のチラシは、配布時期が非常に重要になってきます。何かを学習したい、現状を変えたいと思う方が大半課と思います。人がやる気になる時期はおおよそ同じタイミングです。世の中の情勢や、景気などのより流行も変わるため、顧客の動向を意識して広告を出していく必要がございます。基本は集客できるときはしっかりと配布、逆行の時は、周知させる感覚で少しづつ配布をして、続けていくことで、徐々に反響が上がってくるでしょう。

習い事チラシのポスティング注意点

塾のコンセプトが大切!

学習塾ポスティングの注意点

学習塾のチラシは大きく分けて進学型と補修型の2パターンがあります。進学型のチラシの場合、マンツーマンや小人数制でしっかり単価を取ること、補修型の場合は丁寧にわかるまで教えてあげるなど、親がどのような学習塾に通わせたいのかがはっきりとわかるようなチラシ作りが大切です。またチラシの配布時期もどちらにするかによって若干変わってきます。チラシを配布する前に方針を固めておきましょう。

ケガなどの親の不安を取り除こう!

習い事(子供向け)のポスティングの注意点

バレエ教室や、音楽教室、スイミングスクールなどいろいろと教室はあると思いますがどの習い事にも共通して言えることは、安心して子供預ける事ができるかどうかです。レッスンの終わる時間や、通うまでの道、体を動かす場合は安全面への配慮等、親の心配を取り除き、訴えかけるチラシを作ることができれば、反響が見込めます。

最初はレッスンの時間割を短く

習い事(大人向け)のポスティングの注意点

大人向けの習い事は、時間がない中でいかにして教えるかを明確にわかりやすく伝えることが肝心です。続けたくても時間がない、前回の復習もままならないまま次のレッスン、ではやはり続ける事が難しむなってきます。目標を明確にし、更新することで、続けていくことへのモチベーションを維持させて行くことが広告成功の秘訣です。短い単位で区切り達成する事で、次への意欲も湧いてくるでしょう。お金の心配も少ない為、若い世代も取り込むことが可能になります。

習い事チラシのポスティング戦略

講習に参加して体験してもらおう

学習塾のポスティング戦略

学習塾のチラシはいつ撒くか、非常に重要になってきます。主に進学をメインとする塾は、学校行事よりも早くと先を見ながら教えていきます。カリキュラムもテスト対策や試験対策、など1ヶ月以上前から目標に向けて対策を進めていきます。一方補修型の学習塾は、夏期講習や冬期講習などで、遅れた勉強を補い次の学期に後れを取らずに授業が受ける事ができるようにすることが目的です。テスト明けから終業式、修了式休みに入って早々のタイミングが最適でしょう。

年末~GWまでが勝負時です

習い事(子供向け)のポスティング戦略

学習塾以外の習い事は主に新学年が始まる時期がおすすめです。ただしこの時期は競合も多く、教室系のチラシが一斉に入ります。少し時期をづらすのであればゴールデンウィーク開けがおすすめです。新学年になり、バタバタした感じも落ち着いて、さぁいろいろ始めよう、というタイミングでもありますので、親の目線に立つと、この時期のほうが落ち着いていろいろと考えることができるのかもしれません。

春、秋がねらい目入会時期が大切

習い事(大人向け)のポスティング戦略

大人向けの習い事も5~11月ごろに向けてがおすすめです。日が長い時期は活動的になり、新しいことや、楽しいことに興味が行くことが多いからです。冬場は外出がおっくになったり、梅雨時も同じような状況になります。長く、楽しく続けてももらうためにも、入会して頂くタイミングを見極め、ポスティングの戦略を考えていきましょう。

習い事チラシのターゲット選定

小・中・高ターゲットを明確に

学習塾のチラシのターゲット

子供向けの学習塾は子供がターゲットなのは当たり前です。大切なのは、どの年齢が対象か明確にしておくことです。小学生、中学生が中心の補習を中心とした塾なのか、または中学受験、高校受験に向けた進学塾なのか。さらに中学生、高校生向けの進学塾もあります。対象の年齢にピンポイントでのポスティングは難しいですが、少しでも対象の多い地域を選ぶことと、対象の年齢層が好みそうなキャッチコピーやデザインを作成することで、反響をあげることができます。

教育熱心な高所得者層がメイン!!

習い事(子供向け)チラシのターゲット

バレエやピアノなどの習い事は所得が高い層に好まれる傾向があります。メインターゲットは高所得者層になります。他にも英会話教室なども所得が高い層に人気です。スポーツ系の習い事も大会など遠征費がかかるため所得が低い層にはなかなか継続が難しいでしょう。月謝や価格などに合わせてターゲット層を選定していくことが需要です。

時間に余裕がある世代を狙おう!

習い事(大人向け)チラシのターゲット

メインターゲットは新卒~30代がメインのターゲットになります。仕事で必要なスキルや、趣味の技術向上など、時間もお金も少し余裕があり、働き盛りの世代が多いです。他にも子育てが終わった50代~70代の方向けのワークショップなども人気があります。単発で学習できる事と新しいコミュニティーの場として使われる事が多いです。

習い事チラシのおすすめポスティング方法

条件付きで軒並み配布がおすすめ!!

学習塾のポスティング方法

学習塾のチラシは、地域を絞りその地域内を満遍なく配布できる軒並み配布がおすすめです。子供のいそうな家だけに配布をする指定配布もありますが、リストを作ったり配布効率が落ちるため配布単価もかなり高くなってしまいます。少しでもターゲットを絞る裏技として、ワンルームアパートはできる限り除外してほしいなどの対応していただけそうなギリギリのお願いをしてみるとよいでしょう。

戸建中心の配布がGOOD!

習い事(子供向け)のポスティング方法

子供向けの習い事は高所得者をターゲットにすることが多いため、戸建て住宅を中心に 配布をすることをおすすめしております。音を鳴らす習い事も多いため、なかなか賃貸や集合住宅では稽古の練習や、予習復習がしにくい事が現状です。効率よく集客を見込むのであれば、練習環境が整った世帯を狙い打つ配布方法がよいでしょう。

若年層狙いで集合住宅がおすすめ

習い事(大人向け)のポスティング方法

大人向けの習い事は集合住宅やワンルームがおすすめです。メインターゲットが20代~30代と若く単身世帯がターゲットのため集合住宅配布、または軒並み配布を選ぶとよいでしょう。内容によっては50代以上も対象になるため、極力多くの方の目に止まるように配布方法を選ぶことで、高い反響率を見込めます。

習い事チラシのおすすめポスティングサイズ

新聞折込と並行で使用するならB4

学習塾チラシのポスティングサイズ

チラシはB4サイズがおすすめです。理由は新聞折込と併用して使用ができるからです。学習塾のチラシはいまだに新聞折込での反響も少なからずあります。ポスティングと併用することで、取りこぼしなく集客が可能です。料金やカリキュラムなど記載する内容も多いため、大きめのチラシを使うことで見やすく、分かりやすいチラシになります。

削れるコストはしっかり削ろう!

習い事(子供向けのポスティングサイズ

A4がおすすめです。学習塾に比べ記載する内容がすくなくなります。練習風景やイメージがわかるように写真を使って説明できればよいと思います。学習塾などに比べ生徒の母数が少ないため、あまり広告費をかけすぎても回収が難しくなってしまいます。費用対効果を考えるとA4サイズで十分反響は見込めると思います。

月謝の取れれば大きいサイズもOK

習い事(大人向けのポスティングサイズ

A4~B4サイズが主流です。大人向けの習い事もA4サイズのチラシで十分かと思います。ただしコースが細かく別れていたり、複雑なカリキュラムなどがある場合はB4サイズがおすすめです。業種によっては記載する内容が極端に少ない場合もあると思います。そんなときはB5サイズのチラシでも十分です。授業の風景やレッスンのイメージがわかるものを作成いたしましょう。

エリアサポートが選ばれる理由
失敗しない為に知っておきたい初めてのポスティング