求人チラシの配布戦略

求人チラシポスティング!
配布方法は?ターゲットは?中事項や戦略は?

求人のポスティングは雇用形態により配布戦略が変わってきます。特に近年は働き方が多様化しており、週5で8時~5時という、当たり前が変わりつつあります。自分のライフスタイルに合わせた働き方を選ぶ時代になったため、求人の担当者は状況に合わせて広告戦略を変えていかなければなりません。時代に合わせて変わるところ、変わらないところををしっかりと抑え、ニーズに合わせた求人広告でしっかりと雇用を確保していきましょう。

求人チラシのポスティング注意点

まずは面接に来てもらおう

アルバイト募集のポスティングの注意点

アルバイトの求人は手軽に働ける、ある程度社会保証がしっかりしていることがメリットです。質の高い人材を求める事は当たり前ですが、条件が厳しすぎて、チラシを配布しても反響が出なけらば意味がありません。まずは面接に来ていただけることを目標に敷居を下げて問い合わせを増やしましょう。

保証は明確にしておこう!

正社員募集のポスティングの注意点

正社員の求人はターゲットをだれに絞る正社員の求人は安心感が重要です。正社員の仕事を探す方の多くは長年働くつもりで会社を探します。有給や福利厚生など保証はしっかりしているか、会社の雰囲気は良さそうか、など求職者側も会社を選定します。正社員の求人チラシは、劣っている点も素直に公表する事をお勧めします。一緒に改善してもらう、一緒に成長していこう、などポジティブな表現を使うことで、知識や技術のある人材が集まりやすくなります。

自由な働き方が一番の魅力

業務委託募集のポスティングの注意点

業務委託の一番の売りは自由度です。就業時間や、出勤予定に融通が利くことが一番の売りです。バンドや演劇など、夢をもってる方に人気の働き方です。会社としての雇用ではないため、福利厚生も必要ありません。ただしアルバイトと業務委託の違いを明確に理解できていない人も多いため、面接や問い合わせの際に説明をしてあげないと、後々トラブルになる可能性があるので注意しましょう。

求人チラシのポスティング戦略

短期間に複数回チラシを撒こう!

アルバイト募集のポスティング戦略

アルバイトの求人チラシは季節の変わり目に動きやすい傾向があります。4月、7月、10月、1月は職を変える人が多く、反響が上がりやすい傾向にあります。また大手企業による囲い込みや放出も多いため、人流が多くなります。求人の需要と供給が大きく動くため、短期間で複数回チラシを発行することで、印象を残し反響につながりやすくなります。

大型連休明けがねらい目!

正社員募集のポスティング戦略

正社員の求人広告は5月、9月、1月と大型連休明けに動くことが多いです。連休と絡めた有給消化や帰省などの際に回りの環境の変化に直面したり、人生を見つめなおしたり、心境変化や決断をすることが多くなるからです。決断を迫られている段階で、今のライフスタイルに合う、今よりも条件の良い求人広告に出会うことができれば、転職を決意できるでしょう。その際に安心できる広告表現を使うことでさらに問い合わせを増やす事が可能です。

12月は反響が出にくい時期

業務委託募集のポスティング戦略

業務委託の求人は働きたい方が不定期なためいつでも需要が見込めます。ただし年末年始などのイベントが多い時期はあまり反響が期待できません。というのも、夢や本業の合間に仕事をする感覚が多い分、12月などのイベントが多い時期は、忙しくて仕事どころではなくなってしまうからです。業務委託のメリットでもあり、デメリットでもある自由出勤を上手に利用して反響を高めていきましょう。

求人チラシのポスティングターゲット選定

メインターゲットは学生が中心!

アルバイト募集のメインターゲット

アルバイトチラシのメインターゲットは10代後半~20代前半です。主に扶養で生活していたり、夢や趣味に時間を使いたい若者がメインターゲットです。もしくは子育てがひと段落した、40代の主婦層も扶養内でのアルバイトのターゲットとして最適です。学生や主婦層等ターゲットを絞ることで、雇用したい時間帯や、広告のキャッチコピーが変わってくるので、ある程度対象を絞り込みターゲットに合わせた広告を作りましょう。

30~40代向けのちらしにしよう

正社員募集のメインターゲット

正社員募集のチラシは30~40代の男性がメインターゲットになります。
社会経験を一通りして、キャリアアップを目指したり、子供が生まれて働き方を考えたり、子育てがひと段落して、自分の趣味に時間を使える働き方を探したりと、心境の変化が大きい年齢です。年齢的にも後がない分、待遇や福利厚生をしっかりと充実してあげないと、反響が出にくいですが、逆を言えばクリーンなイメージが伝われば、反響は自ずと伸びていきます。

夢を持った若い層に人気の働き方!

業務委託募集のメインターゲット

業務委託の広告は幅広い年齢層に反響が見込めます。特に40代~60代で自分の時間をしっかりと確保したいという層に人気があります。働く時間や日数が自由に決めやすい事が多い為、若い世代にも反響は見込めますが、アルバイトとの違いを把握していない方も多くいます。税金の支払いや、有給がないことなど、自分で管理しなければならいことがあることを、事前に説明する必要があります。

求人チラシのおすすめ配布方法

集合住宅配布で若年層を狙い撃ち

アルバイト募集のおすすめ配布方法

アルバイト募集の広告は集合住宅配布がおすすめです。アルバイトで働きたい方の多くは若い層が中心の為アパートやワンルームに住んでいることが多いからです。配布コストも安くチラシを多く撒くことができるため、反響が上がりやすくなります。また主婦層を狙うのであれば、軒並み配布で一軒家ににも配布する事をお勧めします。

軒並み配布で魅力をアピール

正社員募集のおすすめ配布方法

正社員の募集チラシは軒並み配布がおすすめです。生活環境の変化により職を変えることが多い為、住環境は安定を求めることが増える傾向にあります。そのため、戸建てのローン返済など多額の借金がある状況で転職は考えにくい為、新築戸建てを除く軒並み配布等の指示でさらに絞り込みをかけることができれば、反響につなげることもできると思います。めです。

多くの人に告知して可能性を広げよう

業務委託募集のおすすめ配布方法

業務委託の募集チラシもの軒並み配布がおすすめです。対象の年齢層が広い事が一番の理由です。ある程度自由の利く働き方のため、本業をお持ちの方の副業や、主婦、学生など多くの方が働くことができます。どのような方でも働くことができるため、なるべく多くの方にチラシを見てもらい、ヒットする確率を上げていくことが重要です。

求人チラシのおすすめポスティングサイズ

必要な情報をしっかり掲載!

アルバイト募集のチラシサイズ

アルバイトの募集チラシはB5サイズが最適です。求人チラシは掲載できる情報が情報が少なくなってしまうため、「働きやす職場です」「女性活躍中!」などのキャッチコピーを乗せることが多いですが、用紙サイズが大きいとキャッチコピーが増えすぎて、逆に胡散臭い感じになってしまいます。さらに裏面に履歴書をつけてあげることで気軽に応募してもらえるように工夫してみましょう。

チラシとは一味違う広告を

正社員募集のおすすめサイズ

正社員の募集チラシはB4サイズがおすすめです。社員を募集する立場ですが、求職者も会社を選びます。お客様の営業をかける時と同じくらい、準備をしなければなりません。会社のパンフレットに記載があるようなことや、就職したらどんなメリットがあるのか、安心して働ける会社なのかなど、チラシから情報を読み取ってもらわなければなりません。二つ折りのチラシにすることで見た目も良い安心感のあるチラシにすることができます。

必要な情報はしっかり書こう!

業務委託募集のおすすめサイズ

業務委託の募集チラシはA4サイズがおすすめです。いくら自由に時間や日数を選べるとはいえ、委託するには最低限のルールがあると思います。自社のブランドを背負って働いてもらうため、適当なことや、いい加減なことは会社の価値を下げてしまいます。委託する上での注意事項や最低限のルールなど事前に確認しておくことを記載しておきましょう。良いことばかり書きすぎると面接で時間ばかり取られてしまいます。。