不動産チラシのポスティング

不動産チラシのポスティング!
配布方法は?ターゲットは?注意事項や戦略は?

不動産チラシのポスティングは大きく分けて2パターンあります。不動産を売る側と買い取る側のチラシです。どちらも大きな金額が動く、人生で大きな買い物です。お客様は慎重になり判断ができなくなってしまうため、不動産屋さんは売主または買い主を一緒に探してくれるパートナーのようなものです。安心して相談してもらえる印象を植え付けることができるかどうか、大変重要なポイントです。

不動産チラシポスティングの注意点

撒きすぎには注意しよう!

買取チラシポスティングの注意点

不動産の買取チラシをポスティングする際は撒きすぎに注意が必要です。土地の買い取りチラシは配布頻度が多くなる傾向があります。チラシの配布数が多いことは、会社名を覚えてもらうためには有効な手段ですが、あまり配布数が多いと受け取る側の印象が悪くなってしまいます。ましてや営業所ごとに毎日ように同じ会社のチラシがポストに入っていると、クレームの元になり、ひどい時には裁判沙汰になりかねません。そしてクレーム物件を避けるために地図の管理や、配布方法などを変え、配布効率が悪くなり、配布単価が上がり、費用対効果が悪くなります。結果的に自分たちの首を絞めてしまい集客がしづらい状況になってしまいます。

計画をしっかり立てよう!

中古マンションチラシ配布の注意点

中古マンションの場合、ずるずると広告を出し続けるのはあまり得策とは言えません。限られた予算と情報の中でいかにして売るか、が重要になります。物件の売りの部分やデザインにしっかりと時間と予算をかけて、問い合わせ数を増やすことが重要です。もしくはシンプルなデザイン簡易印刷にすることで配布数を増やして多くの方の目に触れてもらう方法もあります。

分譲マンションは細かな配布計画を!!

分譲マンションチラシ配布の注意点

新築分譲マンションのチラシも一期、二期と別れ尚且つ毎週のように配布をされることが多いです。こちらも物件近くのエリアに集中して配布することが多い為、同じ地域へのチラシの撒きすぎには注意が必要です。特に集合住宅の多い地域では、投函が禁止になると建物に住まわれている方全世帯に投函ができなくなることが多いです。賃貸に住んでいる方がメインターゲットですが、その賃貸の管理にも費用が掛かっております。チラシの処分に費用が掛かり、収入源の住民が退去してしまう事を考えると、一番投函を拒絶されます。慎重に計画を立てることで、広く多くの方の周知して頂くことが可能です。

不動産チラシのポスティング戦略

2週間は間をあけよう

買取チラシポスティング戦略

買取チラシは地道に広告を出し続ける事で徐々に反響が上がってきます。同じ地域への配布は最低でも2週間は期間をあけてポスティングをするようにし、月に1~2回くらいのペースで同じ地域に配布をするように致しましょう。またマンションの買取と土地の買取ではターゲットが変わってきます。チラシのデザインや配布方法もしっかりターゲットに合ったものを選ぶことが重要です。

複数まとめて掲載しよう

中古マンションチラシポスティング戦略

中古マンションは予算が取りづらく、広告が出しにくいことが多いです。そんな時は複数の物件を同時に掲載するチラシを作成します。販売価格が高い物件の場合は表、裏で一軒ずつ、価格が安い場合は片面にメイン1件サブ4件程度の両面で10件くらいが妥当です。その分チラシのサイズを一回り大きくし、配布することで各物件にかかる広告コストを下げることができます。

アクセスの良い地域を撒こう!

分譲マンションチラシポスティング戦略

新築マンションションに関しても最低2週間は期間をあけましょう。物件を早く売却するために配布数を増やしたい場合は、毎週エリアを変えて配布をした方が効果的です。アクセスを考え沿線や、通勤ルートになりそうな地域を選定した配布をし、1ヶ月後に再度同じエリアを撒くようにいくつかの地域を順に回っていく配布方法が理想です。

不動産広告のポスティングターゲット選定

戸建世帯がメインターゲット

買取チラシのターゲット

メインターゲットを戸建にするか、分譲マンションにするかで配布方法や配布コストも変わってきます。戸建て住宅の買取の場合は戸建に住む方がターゲット、分譲住宅に住む方は分譲マンションがメインターゲットですが、特にこだわりがなく、買取を強化したいという場合は、あまりターゲットを絞り込まずに配布る事で幅広い角度から問い合わせを集めることがかのうです。

買い替えを狙いましょう!

中古マンションチラシのターゲット

広さや面積によりますが、最近では高齢世帯にも人気です。子育てが終わり、二人で住むには広すぎる家を売り、2DKや1LDKの家を買う方も増えています。また子育て世代や20代後半にも人気があります。賃貸からの住み替えも多いです。

高所得者層がターゲット!

分譲マンションチラシのターゲット

高所得者層がメインターゲットになります。年齢も20代後半~30代が中心で働き盛りの世代です。賃貸に住まわれている方も多く、結婚や出産を機に購入を考えることが多いです最近は晩婚化が進み40代のでの購入も増えております。。

不動産広告のおすすめ配布方法

おまかせ配布で大量に撒こう!

買取チラシのポスティング方法

買取チラシは、とにかく数を撒くことが重要です。一番おすすめの方法はおまかせ配布プランです。表、裏で戸建と分譲の買取に特化したチラシにして、ほかのチラシを配布してもらう際に一緒に配布してもらいます。多くのチラシが撒ける上に1枚のコストを局単に抑えることができる為、仕入れコストを削減できます。

ターゲットを狙い撃ち!

中古マンションチラシのポスティング方法

中古マンションのチラシは集合住宅配布です。物件を中心に集合住宅にのみ配布します。あまり予算をかけることができないため、ターゲットを絞り込み、あまりコストの変わらない方法で配布することがおすすめです。

満遍なく多くの人に周知しよう!

分譲マンションチラシのポスティング方法

分譲マンションの場合は軒並み配布がおすすめです。所得の高い地域と物件の周辺を中心に満遍なくチラシを配布していきます。 ターゲットの多いエリアで多くの方に見ていただく事ができ問い合わせ数を増やすことが可能です。また条件によっては自社の別物件を紹介する見込み客の確保につながります。

不動産チラシおすすめポスティングサイズ

買取チラシはB5がおすすめ!

買取チラシのおすすめサイズ

チラシはB5サイズがおすすめです。買取に関しては記載できる情報が少なく、あまり大きすぎても印刷費や、配布のコストがかさむだけになります。必要なことをシンプルに伝え、問い合わせを増やすことが先決です。

中古マンションはA4がおすすめ!

中古マンションチラシのおすすめサイズ

A4~B4サイズがおすすめです。物件の件数によって異なりますが、1件だけの広告であればA4サイズで十分情報を伝えることが可能です。片面に3件以上掲載したい場合はB4サイズ位の大きさがあると物件の魅力も含めてアピールできると思います。

分譲マンションはB4以上にしよう!

分譲マンションチラシのおすすめサイズ

B4~B3サイズが主流です。分譲マンションの場合、商品が高額なため、色々と売りになる事を載せる必要が出てきます。セキュリティや宅配ボックス等建物の構造や、管理方法など、また間取りが複数ある事も多い為、料金や見取り図を複数載せなければなりません。またイメージも大切ですので、写真を大きく載せることで、購入者の想像を膨らませることが可能です。

エリアサポートが選ばれる理由
失敗しない為に知っておきたい初めてのポスティング