ポスティングを成功させるポイント

ポスティング成功のコツ成功させる5つのコツをご紹介これで成功確実です

ポスティングを成功させる

ポスティング広告を「はじめて」でも成功するポイントを紹介します。成果を上げるためには計画を立てていくことが重要です。成功させるために抑えておきたいポイントを解説いたします。

成功させるポイント①【配布回数

ポスティングチラシは1回きりではあまり効果を発揮しません。複数回配布をすることで初めて認知され、興味を持ち、購買活動へつなげる事ができます。

最低3回は配布しよう

1回の配布だけでは御社のイメージを印象付けることはできません。最低3回はポスティングをしましょう。特にチラシの内容に興味を持ちにくい層は何度かチラシを配布することで近隣に御社がある事を初めて認識します。何度も配布を積み重ねることで取りこぼしの客をしっかりと救い上げることができます。

クーポンを変えよう

何度か配布をするうえで重要なのがレイアウトを変えすぎないという事です。貴社の商品やサービスをブランド化していく事が目的なので、全体の色のイメージやバランスはそのまま残してキャッチコピーやクーポンを変えることで複数のターゲット層の心に響くようなチラシ作りをしていきましょう。

あきらめてはダメ

ブランド戦略は1日にしてなりません。コツコツ積み上げてきた実績が、御社のイメージを形成していきます。反響が弱いタイミングもあるでしょう。そういう時こそ何が悪かったのかしっかりと研究するチャンスなのです。失敗は必ず次回に生かさなくてはなりません。回数を重ねることで欠点が削られていきます。

年間スケジュールを立ててみよう。

長期戦略も考えよう

3回チラシを目にすることで記憶するといいましたが短期間で同じ地域に配布をしなくても大丈夫です。長期的な戦略の場合1ヶ月目はAエリア、2ヶ月目はBエリア、3ヶ月目はCエリア、4ヶ月目にまたAエリアに戻るというような配布方法もございます。このような場合には年間で3~4回配布ができれば十分認知していただくことは可能です。

成功させるポイント②【配布枚数

枚数が多すぎても少なすぎてもポスティングは失敗します。成功するためには地域や業種に合わせた適切な枚数が大切です。枚数について選び方のコツを紹介します。

最低1万部は配布しよう

ポスティングの枚数は最低1万枚は配布するようにしておきましょう。当然密度や地域のよって部数は変わってきますが、反響の良し悪しを判断するためにも、ある程度大きな母数がないと正確な判断ができません。同業他社との比較や、ターゲット層が同じような業種と比較する際の基準とても有効な枚数です。

季節に合わせ調整しよう

定期的にチラシを配布する場合、人が動く季節というタイミングをしっかりとつかむ必要がございます。業種によって時期は変わると思いますが、この時期が稼ぎ時という1~2ヶ月前を目安に通常よりも枚数を増やしたポスティングをすることで、大事な稼ぎ時にしっかりとお客さんを集めることが可能です。

初回配布肝心

初めてポスティングをする際は失敗しないか心配です。慎重になる気持ちもわかります。ただしオープンや初回の配布は今後配布をする中で一番反響が出る可能性があります。少し思い切ってチラシを撒くことも大切です。そうすることで、次回以降も高反響率の、精度が高いポスティングが見込めます。

反響が出やすい地域もわかってきわ!

時期を見て部数を減らしていこう

ある程度集客ができたら、反響の出る地域も絞れて来るかと思います。通常の配布は確実に反響をつかめる地域に配布をして、書き入れ時や人の動きが多い時期に範囲を広げて、部数を増やしていく事をお勧めします。また予算に縛りがある場合は商圏を細分化して月ごとにめぐる方法も有効です。

成功させるポイント③【配布地域

ご要望の中に、商圏全域にチラシを配布したいというお話を頂くことがあります。当社としても多くのお仕事を頂けることはありがたいのですが、商圏と広告の反響が出る地域は違います。配布地域の選び方のポイントを紹介します。

1㎞圏内最重要地域

半径1㎞圏内は高確率で集客が見込める地域です。ポスティングを成功させたいのであればまず配布をしておいて間違いありません。ターゲットの絞り込みが大切と当社では考えておりますが、狭い範囲に限ってはメインターゲット以外も集客できる可能性が高いので率先して配布しましょう。

近いほど動くのが心理

お店に近ければ近いほどお客様の反響は良くなります。逆を言えば遠い地域は反響が悪くなるので、1㎞以上外の地域はGISシステムを使ってターゲットの多い地域を絞ったり、業者に相談しながらエリアを組んでもらいましょう。遠い地域をどのように攻略するかがカギになります。

地形もしっかり把握しよう

地域によっては坂道や川、線路や大きなバイパスなどが走っている地域もございます。このような地域は近くてもお客様の流れが変わる場合もあります。地域の特性をしっかりと把握して、動線を考えながらポスティングする配布地域を絞り込んでいく事が成功するコツです。

町の雰囲気はどんな感じかな?

百聞は一見に如かず

時間があったらお店の周辺を回ってみましょう。どのような層が住んでいるか、人の流れはどうか、朝・夕で動きが違うようであれば、誰をターゲットにし、どのような商品を販売するか、地域の特性と地形、客層の把握が大切です。

成功させるポイント④【業者選び

配布をしてくれるならどこの業者も同じと思うかもしれませんが、そうではございません。地域の事を熟知して、お客様一人一人に合った最適なプランを提案できる業者が良い業者です。業者選びのポイントをご紹介します。

プランを提案してもらおう

ターゲットにしたいお客さんや商品の価格、業種などから、最適なプランを提案してもらいましょう。ただ丸投げするだけではなく、業者のいう事をしっかりと確認し、気になる部分はしっかりとブラッシュアップしておくことが重要です。

報告書をくれる業者が大事

ポスティングが完了した後に何時、どこに、何枚配布をしたか報告を出してくれる会社を選びましょう、報告書を基に反響を調査して、ポスティングの効果を測定します。良かった地域、悪かった地域、などの詳細な情報を元に次回の戦略を練ります。

一元管理できる業者が良い

ポスティングを実施するにあたりチラシのデザイン、印刷という過程が必要になります。デザインや印刷も一元管理できる業者は、コストパフォーマンスを上げるために反響に特化したデザイン、安くて目に付くチラシの印刷などを得意としています。

おまかせください!ご相談ください!

良い業者選び成功の秘訣

価格で業者選びを失敗してしまうことがあります。ポスティングを成功させるために、エリアや枚数の相談に乗ってくれて、地域の特徴などに精通しており、反響に対して信念とプライドを持った業者を選びましょう。

成功させるポイント⑤【消費者心理

消費者心理を理解しておくこともポスティングを成功させるポイントの一つです。相手があってのことなので、こちらの都合だけでは動いてくれません。しっかりと情報を伝えタイミングを選ぶことが成功のコツです。

いつ

イベント期間や、クーポンの有効期限を設定することで消費の促進につながり、消費行動を誘発するためのきっかけになります。

どこで

すぐに行ける地域か、交通機関を使わなければいけない地域かで、消費アクションを起こすまでのタイミングが変わります。

何を

商品やサービスの特徴など消費者にとってメリットを感じてもらえるチラシを作成することで購買のきっかけづくりをします。

どのように

サービスや商品の価格が適正価格か、どのようにしてそのサービスや商品を購入するのかがわからないと購入することができません。

誰が

どこの企業の商品か、どこに連絡すれば知りたい情報が聞けるのか、明確にしておくと安心して消費してもらうことができます。

インパクトや見やすさも大事

チラシデザインで心をキャッチ

消費者がこの商品が欲しい、ここに行ってみたいと思えるようなチラシを作成することが重要です。伝えたい事よりも、消費者が知りたい事をイメージして丁寧なチラシ作りをすることがコツです。消費者心理に語りかけ反響の良いチラシを作ることで、ポスティングを成功に導いてくれます。

配布で成功させる5つポイント

配布の際には以下のポイントが大切です。以下5つの注意点も理解しておかないといけません。

禁止物件を徹底管理しよう
郵便局・公共配布物・宅配以外の未承認配布物投函禁止

「チラシお断り」の家は配布しない

「ポスティング禁止」というマークや記載のある家には投函しない、ということです。もし配布をしてしまえば、高確率でクレームがくる上、お店の評判を下げ兼ねません。業者にお願いする場合はどこまで投函するか、クレームがあった際の対応についてなど綿密に確認しておきましょう。中にはかなり小さい文字で書いてある家もあるので、見落とさないためにも、暗くなってからのポスティングはせずに、明るいうちに配布してもらえる様にお願いしましょう。

詰まったポストは外してもらう!

ポストに無理やり投函しない

2つ目の注意ポイントは「チラシをポストに無理やり押し込まない」です。既にたくさんのチラシが入っている場合、無理やり押し込むと、中のチラシが溢れ出して散乱し、近隣住人の迷惑になります。さらに散乱したチラシはチラシはゴミになってそのまま捨てられるだけでなく、放火や犯罪のターゲットなりやすく重大な事件のきっかけになってしまうかもしれません。クレームにつながることもあるので、ポストが満杯の場合はポスティングを控えるようにしましょう。

手に取って内容がわかるように!!

配布は向きを考えて奥まで投函

「チラシの向きを考えて、奥まできちんと投函する」ことです。ポスティングは、チラシをポストに投函すればいい、というものではありません。実際にポストを開けて、チラシを手にとった時『チラシのどの面を一番にみて欲しいのか』ということを考えて奥までしっかり投函するのが重要です。ポストを開けた時、チラシがひっくり返っている、折れ曲がっている、反対向きになっているよりも、訴求ポイント面が一目で分かるような向きで入れてあった方が、読んでもらえる確率は上がります。!

このイベント行ってみたい

ターゲットに合わせて配布しよう

「ターゲットに合わせたタイミングを考えて入れる」ことです。狙っているターゲットのライフスタイルに合わせた曜日や日時にポスティングを行うことで、チラシを読んでもらえる確率が上がります。例えば、主婦向けのチラシの場合、平日の配布がおすすめです。サラリーマン向けの場合は、木曜日~土曜日を狙ってポスティングすることで、週末に行動してもらいやすいので、反響につながる確率が上がります。

濡れたチラシはクレームになる

雨天の配布避けましょう

「雨天の日を避ける」ことです。雨天時はチラシやビラなどが濡れてしまう可能性が高いので、見栄えが悪くなってしまいます。また、例え投函したとしても、他の重要な書類などを濡らしてしまうかもしれません。結果、クレームにつながることもありますので、できるだけ雨天時のポスティングは行わないようにしましょう。