ポスティングの反響が良くない

ポスティングの反響率

ポスティングの反響率がどの程度かご存じでしょうか?業種やチラシのデザイン、配布時期によって反響率は変わってきますが基準を知ることで改善点や業者の評価を見直すことができます。思ったより反響があったと思っていても実はもっと集客できたなんてこともあるかもしれません。

ポスティング広告別の反響率

広告の内容や業種によって平均的な反響率は変わってきます。チラシ全体の反響は一般的に0.05~3%と言われております。1万部で換算すると5件~300件と開きがあります。なぜこんなにも差が出てしまうのでしょうか。業種や内容ごとの反響率についてご説明いたします。

0.05~0.1%の反響率

反響はあるけど反響率が低い広告です。内容としては不動産、自動車ディーラー、などの高額商品の新規お問合せ率はこれくらいの反響率になります。広告の内容によっては反響が0なんてこともあります。利益率が高く、集客率の低い業種や内容は、このくらいの反響率をベースに改善点や、自己診断することをおすすいたします。

0.1~0.5%の反響率

小売店の新規顧客の獲得率です。こちら反響率は一般的な小売店が広告を出した際の新規顧客の反響率になります。混同してしまいがちなのが、既存客も含めた反響率と、初めて来店していただいた新規顧客の数字を混ぜて計算してしまい、目標より多く返ってきたと思いこんだり、反響が極端に少ないと感じてしまう例です。

0.5~3%の反響率

新規・既存を含めて、トータルの反響のを集計した反響率になります。商品の単価や、デザイン、配布する時期や、地域によってこの数字内を行ったり来たりすることが多いでしょう。トータルで集計するのであれば最低0.5%、50件近くの反響は回収したいところです。そのためにもしっかりと効果測定をして次回に生かしましょう。

反響を集計する期間は?

ポスティングをしたチラシの反響を集計する期間は平均で2週間と言われております。チラシを見てアクションを起こすまでに約1週間、予定が合わずに調整して来店いただける方が翌1週間に来店いただけるからです。それ以降もまれに反響は出ますが、ずるずると集計していてもきりがないので、2週間と決めて集計をしてみましょう。

ポスティングの反響が良くない原因

ポスティングの反響が良くない原因はなんでしょうか。大きく分けて3つの原因があります。

  • 業者の選定を誤った
  • ターゲットの選定が甘い
  • 配布方法やタイミングが悪い
  • 同時に複数のチラシを配布している

これらについて解決策をお伝えいたします。

業者の選定を誤った

ターゲットの選定やチラシのデザイン配布方法や、配布時期をどれだけしっかり練ったとしても、ポスティングしてくれる業者が適当だと、すべて水の泡になってしまいます。お願いした内容できちんと配布してもらうのは当然、今までの経験を活かし、エリアやデザインの提案をしてくれる業者を選ぶことが大切です。

ターゲットの選定が甘かった

ターゲットの選定が甘いとチラシのデザインや配布する地域が曖昧になり、結果的にパッとしない反響になってしまいます。全てにおいて中途半端な結果になってしまい、次回の配布の改善点もつかみきれなくなってしまいます。ターゲットの選定をしっかりとして、付随するデザインやポスティングエリアの選定を丁寧に行うことで反響を上げる事ができます。

配布方法やタイミングが悪い

ポスティングする方法や、配布の時期も反響に直結してきます。イベントや集客をしたいタイミングの1週間~2週間前には必ず配布が完了できるように準備しておきましょう。早すぎても、遅すぎても興味があるお客様を取り逃がしてしまい反響が上がらず、せっかくかけた広告費が無駄になってしまわないように、内容に合わせタイミングを精査しましょう。

同時に複数のチラシを配布している。

ポスティングは通常複数枚のチラシを同時に配布いたします。2枚程度であれば問題ないと思いますが、同時に配布する枚数が増えれば増えるほど、受け取る側にとっては煩わしさを感じ、まとめてゴミ箱へ捨ててしまいがちです。同時に配布されるチラシを減らすために単独配布というプランを使う事もお勧めします。単価は上がりますが、その分高い反響も見込めるため費用対効果は格段に上がります。