ポスティングのマーケティング戦略とは

ポスティングのマーケティング戦略ターゲット明確にしよう!対象に合わせた戦略

ポスティングのマーケティング戦略

ポスティングはただやみくもにチラシを配布すれば良いというわけではございません。マーケティング戦略しっかりとしてターゲットを絞り込む事が大切です。絞り込んだターゲットに合わせて配布する地域やチラシのデザイン、配布方法など適切なものが何なのか変わってきます。

マーケティングとは

顧客の要望を把握しそれに見合った商品を提供する事を言います。具体的には商品やサービスの開発、市場調査、価格設定、広告、販売促進、流通、施設の設計、営業、集客、接客、顧客の情報管理をする事全てにおいてマーケティングと言えます。当社のポスティングではこのうち広告、販促、集客、一部市場調査や顧客の情報管理、効果測定などが補えます。実際にポスティングを使ったマーケティングを進めていくうえで大まかな流れについて説明いたします。

消費者のニーズを調べよう!

市場調査で市場の動向確認

商品開発の段階でニーズや要望についてある程度把握済みかと思います。現在売りたい商品やサービスは、どのような方に需要があって、価格設定はいくら位で販売するのが妥当か、等は決まっているかと思います。ポスティングではこの先の宣伝活動に繋げるためGISというシステムを使います。統計資料をもとに、地形や過去の実績を分析し、宣伝活動に適切な地域を選定するための市場調査をします。

マーケティングでターゲット選定

ターゲットの性別

販売する商品や店舗の雰囲気は男性向け・女性向けどちらでしょうか。お店の雰囲気や販売したい商品の特徴からどちらに受けるか、また誰をターゲットに開発されたのかを明確にし戦略を考えましょう。

ターゲットの年齢

年齢層はいかがでしょうか若年層・働き盛り・子育て世代・高齢者層など商品やサービスによって狙うターゲットは違うかと思います。どの層に向けてアピールしたいのか具体的にイメージしましょう。

ターゲットの年収

年収も大事です。高所得者層・中間層・低所得者層のターゲットごとに色使いや、原稿の構成、によって反響が変わってきます。今までの統計を使い希望の対象者が多い地域にを絞り込んでみましょう

ターゲットの住宅

誰に向けてと言いましたが、対象は人に限ったものではございません。全世帯・一軒家・集合住宅・事業所など地域ごとに様々ございます。地域の特性を理解し最適な方法を選ぶことも必要です。

性別をもとにしたマーケティング戦略

性別の地域差はどこの地域もそれほど大きな差はございません。性別だけで地域で仕分けをしようとすると判断が難しく、逆に迷ってしまいます。『年齢と性別』や「年収と性別』等必ず別の要素とセットで使うようにしましょう。デザインに関しては方向性がまるで違います。

女性向け

女性向けの広告はパステルカラーや柔らかい色、また丸みの多いデザインや色彩の多いかわいいイメージをメインに使い、具体的に商品を説明してあげましょう。また劣る部分を隠すことにも興味を持ちやすい為、多くの女性が悩んでいることを例にすると伝わりやすいです。

男性向け

男性向けの商品は紺や赤などの原色系が多く、冒険心や探求心をくすぐる仕掛けが必要です。ワイルドなイメージや優越感のあるイメージを持たせキャッチコピーとイメージで、想像を膨らませる事で購買意欲が高まり、延いては購入活動につなげる事が可能です。

年齢をもとにしたマーケティング戦略

狙う年齢によって、地域差がかなりあります。単身世帯向けの住民税の安い地域、子育て支援が充実した地域30~40代が多い地域、昔ながらの住宅が並ぶ下町の地域、最近は公営住宅の高齢者率が増えていることもあり、団地の多い地域も世帯の年齢層が高い傾向がございます。

20代以下

明度の明るい柔らかい色が向いています。
知識が浅く物を買う事に不慣れな分、柔らかい雰囲気や、優しい雰囲気を出すことで安心感を与え商品やサービスへの興味を引き、購買につなげる事が出来ます。

30代~50代

メリハリのある原色系がおすすめです。モノを買う事になれ、自分で選択して商品を買うため、優越感や満足感を満たしてあげる必要があるからです。自分で選択した満足感を満たしてあげる事が大事です。

 60代以上

若いうちは気持ちも大きく、買う事で自信につなげる事が出来ますが、年を取るにつれ自信や満足感は必要なくなり、気持ちの抑揚が少ない落ち着いた色を選ぶ傾向があります。

年収をもとにしたマーケティング戦略

年収については高所得者層を狙った場合、新興住宅地等が狙いめです。都市開発等でターミナル駅の大幅改修や、大きな商業施設の跡地などが新興住宅地になるケースがあります。地価が上がり、新しいブランドを付ける為に、高所得者層が多く集まります。東京の自由が丘や成城、麻布等がこのような地域です。

高所得者層

高所得者層を狙った商品は金色や黒など高級感を演出し商品の高級感と気品の高さを演出してあげましょう。また所得の高い方の傾向として、情報の多いチラシを嫌う傾向がございます。客単価の高い商品であれば一極集中で売りたい商品のみをシンプルに前面にアピールしましょう

低所得者層

セールやお得な商品などのチラシは目玉商品がわかりやすいように赤や黄色などの原色で安さや、お得感をしっかりと演出しましょう。複数まとめて掲載することで、安いお店と印象を付けることができ、リピーターとしてお店を利用していただけます。

住宅をもとにしたマーケティング戦略

最後に建物についてですが住宅も法律によって高さ等の制限がある地域がございます。制限のある地域は戸建て住宅が多く、都心部や大きな国道周辺はマンションが多い等特徴があります。ターゲットにする対象の多い地域を選ぶ事で、コスト削減と高い反響率が見込め、広告の費用対効果が高くなります。

どのくらいの効果があったか測定しよう!

効果測定で成果を確認する

実際に配布したチラシの効果の有無と、効果が出なかった場合の原因追及を行うマーケティング手法になります。そもそも期待値が高かったのかなど検証が必要になり、内容によってはポスティング以外の広告が適している場合もあります。媒体、時期、枚数やデザイン、など効果測定をきちんと行うことで次回のマーケティングに生かせる資料を積み上げていくことが可能なのです。

ポスティングを使ったマーケティング戦略

どのような方に向けて広告を出したいのか具体的に絞り込んでいきましょう。
下記の代表的なターゲットの絞り込み方について説明します。

マーケティングの基本「ペルソナ」設定

ターゲット層の中で代表的な人物像を設定したものを「ペルソナ」と言います。ターゲットと似た意味の言葉ですが、ペルソナは氏名や性別、年齢、趣味・嗜好、家族構成、年収などを細かく設定することで一つの人格としたものです。たとえば30代の女性がターゲットの雑貨店の場合、隣にあるスポーツクラブの行き帰りにふらりと店に寄ってくれる人が多いという状況からペルソナを設定すると、以下のようになります。

ターゲットの背景までイメージしよう

【ペルソナシート】
氏名:A山B子さん
年齢:28歳
住まい:東京都◯◯区
職業:IT系企業の事務職(パート)
収入:月収約8万円
家庭の総収入:40万円
家庭環境:夫31歳、娘7歳
趣味:ヨガ、インテリア雑誌を読む
状況:インテリアやDIYに興味があるが、仕事や子育てが忙しく趣味に使える時間が少ない。スポーツクラブで月4回のヨガクラスに参加しており、その行き帰りに雑貨店でおしゃれな雑貨を購入することがある。

家計にある程度余裕があり、おしゃれなものが好きなA山さんに対して「激安雑貨店オープン!」というチラシと、「北欧から直輸入したおしゃれなアイテムを揃えました」というチラシでは、後者の方がニーズにマッチしていると考えられるでしょう。このようにペルソナを設定してターゲットの人格を明確にすることで、ターゲットへの理解を深め、抱えているニーズを把握できるのです。また、想像だけでペルソナを設定するのではなく、顧客データや経験を基にペルソナを設定することで、リアリティのある人格が生まれます。

タイミングよくポスティングする

チラシを配布するタイミングは非常に重要です。早すぎても遅すぎてもお客様は動いてくれません。またチラシの配布開始~完了までに一定期間、日数がかかる事も踏まえて期間を選定する必要がございます。

クーポンで更に訴求力アップ!

ポスティングから反応の早いチラシ

飲食店や小売店等、単価が2,000円程度の内容で、気軽に来店できるチラシは1週間~3日前までにチラシの配布を完了できると理想です。チラシに期限を決めたクーポンを付けることで、さらに訴求力を高めることができ、短期的に集客することが可能です。

熱が冷めにようにワクワクさせよう

ポスティングから少し時間のかかるチラシ

少し金額の大きな商品や予約の必要な美容系チラシや、週末に開催される小規模のフェス等は、2週間~1週間前にはポスティングが完了できるように準備を進めておきます。休日や予定の調整が必要で、先の予定を心待ちにできるようなワクワクをイメージできるデザインのチラシにいたしましょう。

しっかりと準備してフォローも忘れずに

ポスティングからかなり時間のかかるチラシ

大規模なイベントや、定員制限のあるイベント、広く多くの方に周知させなければならない告知内容などは1ヶ月~2週間前には配布完了しておく必要がございます。定員数に満たない場合や、不測の事態でイベントを取りやめるなど再度広告を撒かなければならないケースが出てきます。
そのような時の為に時間に余裕をもって準備をしておきましょう。

統計によると、毎日ポストを見る人は約7割、残り3割の人はチェックをしないというデータがあります。特に若年層は新聞等の購読もしておらずポストを定期的にチェックする習慣がない人も多くいます。前項で述べた通り配布には時間がかかるので、配布を完了させたい日程をきちんと決めて、それまでに配布できるように業者さんと調整を行いましょう。

ターゲットごとのアプローチ方法

広告を出すターゲットが決まったら、どのようにしてアプローチをすればよいかターゲット別に広告の戦略をご説明いたします。

誰に見てほしいのか明確にしておこう!

宣伝活動でのアプローチ

画期的なアイデアを商品化して売り出すことができたとしても、多くの方にその存在を知って頂かない事には商品は売れません。ここで活躍するのがポスティングです。お店の存在を知ってもらい、どのような商品が売っているか、どんなサービスがあるのかなどを宣伝活動で知って頂く必要があります。ここで重要なのが以下で説明する誰に向けて広告を出すかターゲットを明確にすることです。

ターゲットが興味を持つ色や写真で反響UP!

ターゲットに合わせたチラシのデザイン

マーケティングで絞り込んだターゲットに合わせてさらにチラシを作りこんでいく必要があります。色だけではなくキャッチコピーや、写真に興味を持たせるための文章も変わってきます。以下ではデザインについて具体的に説明をしておりますので参考にしてみてください。

潜在顧客を見極めて地域を選ぶことが大切!

ポスティングエリアの選定

年齢・性別・年収・住宅の条件を自力で調べるのは大変労力がかかります。さらに実際の地域の雰囲気や、子育て環境が整っているか、コンビニの店舗数が多いかなど地域によってターゲット層が集まりやすい地域もございます。GISだけでは収集しきれない情報や行動心理に基づき、ポスティング会社独自の目線でさらにエリアを選定していきます。

エリアサポートが選ばれる理由
失敗しない為に知っておきたい初めてのポスティング