公共チラシのポスティング

公共チラシのポスティング配布方法は?ターゲットは?注意事項や戦略は?

公共チラシのポスティングは多くの人に、もれなく情報を周知することが大切です。パッと見で重要なお知らせという事を伝えることと、内容を読んでもらえるように誘導することが必要です。特に文章が多くなってしまいがちなため、キャッチコピーなどは分かりやすく、伝わりやすいものにする必要があります。また若者の興味を持ってもらう工夫も必要です。

公共チラシのポスティング注意点

業者選びが大切!クレーム回避

自治体広報ポスティングの注意点

自治体のポスティングは、漏れがないように1件1件丁寧に住民に届けなければなりません。業者選びが非常に重要になってきます。価格だけで業者を選ぶと、指定の地域すべてに配られていなかったり、配布報告書が送られてこなかったりと実施の効果を確認できないまま、住民からクレームが来たりすることもあります。

セグメントをかけて有権者を狙い撃ち

選挙公報のポスティングの注意点

選挙公報のチラシは配布できる枚数に限りがあります。証紙を張り付けて決められた枚数しか配布できないため、地域やターゲットをしっかり選定する必要があります。若干配布単価が上がってもして配布指定や、セグメントをしっかりかけてターゲットに届くようにポスティングしましょう。

工事チラシは徹底周知が大切

工事のお知らせ等のポスティングの注意点

水道管や電気工事のお知らせをポスティングする際は、関係する建物はもちろん、通行止めや迂回のためのお知らせなども周知なければなりません。極めて狭い範囲にもれなく周知をしなければならないため、クオリティの高いポスティング業者を選ぶ必要があります。

公共チラシのポスティング戦略

配布予定を組んでもらう事も手!!

自治体広報のポスティング戦略

自治体のチラシはいかに短期間で多くの人に周知させるかが大事です。規模の小さいポスティング会社では、対応ができないことがあります。逆にあまり手広くやっている業者は配布の管理に問題がある場合が多いため、業者選びが大変です。配布時期に関しては優秀な業者が少ないため、ほかの自治体と同じ業者に依頼する可能性が考えられます。配布スケジュールの管理を業者に任せることも一つの手です。

選挙時期は予定が混むので必ず予約

選挙公報のポスティング戦略

選挙チラシは公募が始まってからでないと、配布することができません。配布してよい期間も2週間程度しか期間が与えられないため、選挙候補者が多いと、その期間はポスティング会社がパンクします。立候補の予定がある場合早めに業者の確保とスケジュールを立ててスケジュールの調整をしておきましょう。

早めの配布でトラブル回避

工事のお知らせのポスティング戦略

お知らせチラシは、工事開始の2~3日前には周知しておきましょう。工事期間や工事内容、車の出入りに関する規制がある場合には1週間ほど前には配布完了しておかないと、トラブルの原因になる事もあります。配布のスケジュール確保も含め1か月前には業者と打ち合わせができるように予定をしっかりと組んでおきましょう。

公共チラシのポスティングターゲット選定

取引の詳細を必ず確認しよう

自治体広報のポスティングターゲット

自治体チラシのターゲットは特にありません。全世帯に配布することが目的になるため、地域を選定する必要がないのです。ただしもれなく全世帯に配布という事は、ポスティングで高いクオリティを求めることになります。また建物の状況や、道路状況により配布できな世帯も出てくるでしょう。そのような場合の対処方法や、対応策について、事前に取り決めを確認しておくことは大切です。投函できなかった建物の報告などを義務付けましょう。

マニフェストに合わせた対象に配布

選挙チラシのポスティングターゲット

選挙チラシのポスティングは主に高齢者がターゲットになります。有権者の中でも60代以上の高齢者の票をいかにつかむかで、選挙の勝敗が左右されます。ただしマニフェストが子育て世代や若者向けの場合もあるでしょう。マニフェストに合わせたターゲットが多い地域を選定し、対象者に届くようにエリアを選定しましょう。

重要度に合わせてターゲット選定

工事のお知らせなどのターゲット

公共事業に関するお知らせも基本的には全世帯になります。ただし自治体広報と比べて、若干カバー率が低くても問題ないと思います。インフラ系のチラシは特にですが民間企業が運営しております。当然コストも大切になってきます。費用と効果のバランスを見ながら、告知しなけらばならない内容の重要度などを考慮してターゲットを絞り込みましょう。

治療院業態別のおすすめ配布方法

投函率100%を目指して配布!

自治体広報のおすすめ配布方法

自治体広報のおすすめの配布方法は全戸配布です。全戸配布は前提としてすべての住宅に配布いたします。自治体の広報は届かないことでクレームになってしまうことも多く、投函漏れがあった際にはそのカバーにも入ってもらわないといけません。密に連絡を取り、状況に合わせて柔軟に対応してもらえる業者は、しっかりとした全戸配布を実施してくれます。

選挙チラシは広く周知を目的に!

選挙チラシのおすすめ配布方法

選挙チラシのポスティングは、軒並み配布がおすすめです。安く広く周知することが可能です。地域を絞り込むことで、ある程度ターゲットを絞り込むことが可能です。さらに限られた枚数の中で広く周知するためには多少の間引きをして必要な人に広く知らせる事も大重要です。高齢者の多い地域に満遍なくポスティングできる軒並み配布を選びましょう。

細かくポストを選んで投函しよう!

工事のお知らせなどのおすすめ配布方法

工事などのお知らせは軒並み配布かセグメント配布がおすすめです。地域の工事や、交通規制のお知らせなどは軒並み配布で十分周知できると思います。光回線などのインフラチラシは、すでに契約がある建物などは、除外したい場合もあると思います。投函したい建物や除外したい建物をリストアップして指定配布をすることで費用対効果の高いポスティングが可能です。

治療院チラシのおすすめポスティングサイズ

区法やお知らせはA4冊子がおすすめ!!

自治体チラシのおすすめチラシサイズ

自治体チラシはA4サイズの冊子がおすすめです。1か月または数か月に1回定期的に情報の発信をするには1枚のチラシでは足りません。8~12ページ程度の冊子がおすすめです。あまりページ数が多くなりすぎると、配布単価が高くなりいくら公共のお知らせだとしても、コストがかかりすぎます。また配布にも日数を要しすぎてしまうため、あまり厚くなりすぎないように注意しましょう。

選挙チラシはA4以外は使えない!!

選挙ちらしのおすすめサイズ

選挙チラシはA4サイズがおすすめです。と言いますか選挙の規定によりA4サイズ以外のチラシは使えません。マニフェストや公約などについて、A4に納める必要があるため注意が必要です。活動報告書などはB4やA3サイズでも問題ございません。イラストや写真など、余裕をもって情報をまとめることができるサイズを選びましょう。

部数が少ないチラシはA規格で!

工事チラシのおすすめサイズ

工事のお知らせなどはA4チラシがおすすめです。印刷する部数が少なかったり、情報が少ない場合は大きすぎるサイズはコストを上げてしまうだけです。ただしあまり小さすぎてもいけません。重要な情報なので、目についてもらわないと後々トラブルになってしまいます。普段から見慣れたサイズはおのずと手に取ってしまうものです。お知らせなどであればなおさらその傾向は高まります。

エリアサポートが選ばれる理由
失敗しない為に知っておきたい初めてのポスティング