GISポスティングってなに?

GISポスティングってな~に?
統計データを有効活用しよう!可視化して地域選別

GISポスティングとは

GISポスティングとは国勢調査や経済センサスの情報をもとにターゲットの多い地域を選定し配布を行うポスティングの事を言います。ターゲットの多い地域にポスティングをすることで無駄な広告費を抑え高い反響を見込むことができ、ポスティングをコストパフォーマンスの高い広告媒体として運用することができるようになります。

GISとは?

GISとは地理情報システムの(ジオグラフィックシステム)の頭文字をとった略語です。国土地理院が発行する地形・地図データを基に統計データ・距離・範囲などの情報を地図上にグラフや数字で表示することで、視覚的にわかりやすい地理情報がつかめます。平成7年に政府の取り組みより国土空間データの整備が始まり、平成19年にはGISの活用推進基本法が国会で制定されるなど、現在の日本においてマーケティングや広告戦略を考えるうえで、なくてはならい情報システムです。

GIS?初めて聞くな~

GISでどのような事ができるの?

GISシステムを利用してできる事

例:お店の住所から半径1㎞にチラシを撒きたいと思ったときに

  • 半径1㎞ってどこまでポスティングできるの?
  • その中にどれくらいのチラシが撒けるの?
  • その地域にターゲット層は多いの?少ないの?
  • 商圏は1㎞圏内だけどもう少し部数を絞りたい。

などの情報が一目でわかるような資料を作成することが可能です。

どのようなデータが使えるの?

世帯数

ポスティングをするうえで一番欠かせない指標です。配布数=世帯数と言っても過言ではございません。この数値をもとに配布できる枚数を算出していきます。

総人口

総人口を単独で使う事は非常に少ないですが、その他の数値と比較する際には必ずといって良いほど使います。全ての比率を比較するための基準になる数字です。

性別人口

非常によく使われる指標です。年齢や年収資料と掛け合わせることで目的のターゲットの多い地域を選定することができ、効率の良いポスティングが可能です。

年齢別人口

こちらも性別とセットでよく使われる指標です。特に子供向け商品には大きな効果を発揮してくれる指標になります。新規出店の際などにもよく使われる資料です。

年収別世帯数

こちらは独自の計算式により導かれる数字になりますので若干の誤差が生じます。実際に国勢調査などでお聞きすることはありませんが目安として十分判断できるでしょう。

集合住宅数

販売する商品によっては集合住宅に住んでいる方だけに告知をしたいものもございます。そのような際に参考となる指標です。年収資料と組み合わせてよく使われます。

戸建て住宅

集合住宅とは逆に戸建てのみに配布をしたいという要望もいただきます。配布単価も高くなるため、戸建ての数が多く、反響の見込めそうな地域を割り出すには最適です。

事業所数

販売する商品は個人向けとは限りません。BtoB向けの商品の際にはこちらの指標を使って、対象地域を絞り込みます。事業所の中にも業種ごとにの指標などがあります。

GISの使用例

具体的にどのような活用法があるのでしょうか。よく使われパターンを解説していきたいと思います。

店舗を中心に!

やはり一番多いパターンは店舗中心にどれくらいの枚数が撒けて、どの範囲まで対応できるか地図に落としこむ資料がダントツです。部数か商圏が決まっていれば資料を作ることができるため、ポスティンが初めての方や、ターゲットが明確になっていない方でも資料を作成することができます。

年収・性別で絞り込み

不動産や高額商品の広告を撒く際によく使われる指標です。年収が高い方向けの商品が多いので、商品のブランディングや、コンセプトがしっかりとしている為、狙ったターゲットにチラシが届けば費用対効果の高い広告となります。逆に自立支援の広告や、治験の広告など、年収の低い層向けの配布もあります。

年齢・性別で絞り込み

化粧品やアパレル・美容院など女性向けの商品でよく使われることの多い指標です。競合他社との差別化を目的として、同じような商品でも年齢層でターゲットを変える事ができます。さらに、唯一無二のサービスを展開する方は遠方のポスティングをする際に地域を選定するための指標としてご利用ただいております。

GISポスティングで反響を上げる方法

メインターゲットを誰にしようかな?

マーケティングとGISで効果UP

マーケティングをしっかりすることで、配布をするターゲットが明確になります。そのターゲットがどこの地域にいるか、GISを使ってしっかりとリサーチしていきましょう。マーケティングについては以下で詳しく説明いたします。

ターゲットの多くいる地域はどこかしら?

GISを使ってエリアを選ぼう

GISのデータだけでは地形や線路、川などの流れを遮断するものがわかりません。地域の人の流れなどその地域の特性も重要になります。GISのデータをもとに今までのお客様の傾向などと照らし合わせてエリアを組みましょう。

反響を徹底分析!
次回の配布の参考に!

GISで効果測定をしよう

配布したチラシの統計をしっかりとってその情報をGISに読み込みましょう。見立てと合っているのか、違うところから大きく反響がかえって来ていたらなぜか?など統計情報と照らし合わせる事でさらに制度の高いポスティングが可能です。

エリアサポートが選ばれる理由
失敗しない為に知っておきたい初めてのポスティング