飲食店チラシのポスティング

飲食店チラシのポスティング!
配布方法は?ターゲットは?注意事項や戦略は?

飲食店のチラシは大前提としておいしそうと思わせなければなりません。情報も大切ですが視覚でいかにして、おいしい物だと表現するかが反響に大きく影響してきます。おいしさを表現する上で大切なのが写真です。食品の写真は、ホームページ、チラシ、店のPOP等様々な場面で使用できます。写真の素材が良ければ、多少デザインが悪くても、おいしさを表現できるので、写真の撮影にはしっかりとコストをかけましょう。

飲食店チラシのポスティング注意点

特別な雰囲気を演出しよう

店舗集客チラシポスティングの注意点

店舗に来ていただくお客さんの多くはお美味しい料理を食べる事は当たり前ですがその他にもお店のサービスや、雰囲気、お客さん同士の交流など付加価値を求めて来店していただく事が多いです。集客型のチラシの場合メニューを載せすぎると、デリバリーやテイクアウトのようなチラシになってしまい、店舗に出向く良さが伝わりません。お店の雰囲気や、店舗でしか体験できない特別感をしっかりと演出してあげるよう注意してチラシを作りましょう。

ちょい足しレシピを提供!!

テイクアウトチラシのポスティングの注意点

テイクアウトの店舗では、お客様に来店頂き、持ち帰っていただく手間をお願いしています。その分あまり価格の高い商品はテイクアウトに向きません。おかずのみ単品でまたはバランスの取れたお弁当のようなものが人気です。店舗や配達のコストを抑える分いかに提供価格を下げるかが重要です。また出来上がってから食べて頂くまでに時間が空きます、冷めても美味しい、またはひと手間で美味しく召し上がることができる方法などを書いたチラシを入れると良いでしょう。

多彩なメニューでワクワクを追加

デリバリーチラシのポスティングの注意点

デリバリーの醍醐味は自宅にいながら、ゆっくりとメニューを見て、あれでもない、これでもないと迷えることも一つと思います。極力多くのメニューを記載してあげましょう。またネットとの連携をしっかりとすることで、シンプルなチラシでも注文へのきっかけを作ることも可能です。店舗とは違い写真やデザインに左右されることも多い為、原稿の作成はしっかりと時間をかけて、作り上げていきましょう。

飲食店チラシのポスティング戦略

世間の行事は積極的に撒こう

店舗集客型のポスティング戦略

店舗への集客チラシはあまり多くなくて良いかと思います。オープン、周年記念、歓送迎会、年末年始は重要なイベントと思いますので、積極的に広告を出しましょう。それ以外の時期に関しては、季節ものの商品などがある場合に出す程度でよいでしょう。必要な時期にしっかり告知をして、普段から使用してもらえる様に顧客を増やしていくことが重要です。

徒歩圏内がカギもれなく配布!

テイクアウト型のポスティング戦略

テイクアウトチラシでは徒歩圏内で来店いただける地域にチラシを配布することが重要です。半径500m~1㎞圏内に集中して撒くことでリピーターを増やし、定期的に購買していただきましょう。また商品は定番商品と季節限定商品を用意することで、お客様が足を運びやすくなるので、季節限定商品が入れ替わるごとに新しく広告を出すことをお勧めいたします。

広範囲に定期的に配布しよう!

デリバリー型のポスティング戦略

デリバリーの飲食業態はチラシやホームページに触れていただいて初めて注文がいただけます。極力多くの方の目に触れるようにしましょう。配布は毎月配布しても十分かと思います。またデリバリーは自宅に届けてくれるのが最大のメリットです。普段は出かけない地域からも商品を届けてもらえるので、半径2~3㎞圏内を商圏に配布できるとある程度反響が見込めるでしょう。

飲食店チラシのポスティングターゲット選定

お店のコンセプトにターゲットを絞ろう

店舗集客型のポスティングターゲット

店舗に来ていただく方のメインターゲットはお店の商品や価格によって異なるため、お店のコンセプトに合わせたターゲットを絞り込む事が必要です。ファーストフードの場合は単身世帯や若者向け、料亭や居酒屋などはサラリーマンなどが対象です。ある程度ターゲットを絞り込み事でクーポンの内容や、チラシのデザインをメインターゲットに見てもらいやすくすることができる為必ず対象を絞り込みましょう。無策では広告費を業者に納めるだけで、反響も少なく、今後の対策等も得る事が出来ず、いずれ方向性を見失ってしまいます。

単身世帯や住宅街がねらい目

テイクアウト型のポスティングターゲット

テイクアウトの場合は、仕事帰りのOLや主婦層など女性をターゲットにしたメニューが高い反響を獲得できます。またオフィス街などのではランチタイムのサラリーマンもターゲットになりえるでしょう。ポスティングをする際はワンルームの多い地域や、住宅街または極端なオフィス街が向いております。

高級住宅街への配布で反響アップ

デリバリー型のポスティングターゲット

デリバリータイプの飲食は高所得者層に人気です。高級住宅街に行けば行くほど、デリバリーの業態も多様化し専門店や1商品のみを扱う店舗も増えてきます。戸建ての多い地域や所得の高い層が集まる地域は率先して配布をして良いでしょう。また年末年始や年度末は個人、会社でのイベントなどにもデリバリーを使うことが増えます、普段から定期的に個人宅や企業へのアプローチも忘れずにしておきましょう。

飲食店業態別のおすすめ配布方法

店舗周辺を徹底カバー!

店舗集客のおすすめ配布方法

おすすめの配布方法は軒並み配布です。店舗から500m~1㎞圏内を満遍なく配布し、地域の方に周知して行く事が重要です。新規オープンの時などは半径1~2㎞の方に広く周知することも大切です。しっかりと統計を取ることで、対象地域を絞り込み、精度の高いポスティングにしていきましょう。年に1~2回は広い商圏で、離れた既存客に思い出してもらうための配布も有効です。

配布漏れをなくし徹底的に周知!

テイクアウトのおすすめ配布方法

こちらについては全戸配布が良いと思います。店舗集客や、デリバリーと比べ対象にできるターゲットが多い為、もれなく配布をすることで、取りこぼしなく集客することが可能です。チラシご持参の方などの、クーポンをつければより反響を獲得することができるかと思いますので、負担にならない程度のクーポンをチラシにつける事をお勧めします。

基本は宅配地域にしっかり周知を!

デリバリーのおすすめ配布方法

デリバリータイプも軒並み配布で満遍なく配布することがおすすめです。店舗集客型のポスティングと違うところは、一定数部数を配布する必要があると言う事です。ひと月に2~3万部多い月は5万分程度をほぼ毎月定期的に配布することをお勧めしています。配達範囲や地域よって異なると思いますが、最初が肝心です。反響を見ながらエリアの調整をしていくのがベストと言えます。

飲食店チラシのおすすめポスティングサイズ

集客型のチラシはA4サイズがおすすめ

店舗集客のおすすめチラシサイズ

チラシはA4サイズがおすすめです。すべてのメニューを載せる必要がない為、あまり大きなチラシは必要ないでしょう。和食や洋食などのジャンル、メイン商品の価格帯、お店の雰囲気が伝われば十分宣伝効果が見込めます。

クーポンに合わせてサイズを決めよう

テイクアウトチラシのおすすめサイズ

A4~B5サイズが良いでしょう。チラシを持ってきてもらうのであれば、あまり大きいサイズ扱いにくく持ちづらい為、小さいサイズが良いでしょう。またはクーポンなど切り離して持ち運べるように加工をしたり、お財布に入れもぐちゃぐちゃにならないように少し厚めの紙を使ってあげるなどの工夫が必要です。

デリバリーはメニューに合わせて

デリバリーチラシのおすすめサイズ

デリバリーチラシはB4サイズが主流です。基本的はすべてのメニューを掲載する必要があるため、大きめのチラシを使うことが多いです。紙質に関しては保存がきくように厚めのものと、季節ものを記載する薄めのもがあります。年に1回は定番メニューを載せた保存版のハードメニューを配布して、必要な時にすぐに注文していただけるように保管してもらえる様に致しましょう。

エリアサポートが選ばれる理由
失敗しない為に知っておきたい初めてのポスティング