ポスティングは配布エリアが重要

ポスティングエリアの選び方エリアを選ぶための3つの方法組み合わせて効果UP

配布するエリアを選定しましょう

ポスティングの配布地域をどのようにして選べばよいか悩まれることも多いと思います。思い切って業者に相談するのが一番早いのですが、ご自身でもある程度地域を絞り込んでおくことで、次回の戦略やお客様の反応に興味を持ってみる事が可能になります。エリアを選ぶ際にはどのような方法があるのか紹介いたします。

①自社のビジネス特性で選定する

まず1つ目の方法は「自社のビジネス特性で選定する」です。アプローチしたいターゲット層が多く居住しているエリアにポスティングを行うことが重要です。少し商圏から離れていてもターゲットが多く住んでいるのであれば、ポスティングを行ってもいいかもしれません。

美容室の場合のポスティングエリア選定

美容室の場合

店舗から半径500m〜800mの徒歩圏内、1km〜2kmの自転車圏内、3km〜5kmの自動車圏内での、若い世代が居住するエリア中心に配布するのがベターでしょう。また店舗が駅チカ立地であれば、学校や会社帰りに集客する事もできます。

学習塾の場合のポスティングエリア選定

学習塾の場合

学習塾などの集客を行いたい場合、学生が徒歩や自転車で通える店舗から1km〜2km圏内かつ、お子さんのいる世帯、または年収の比較的高いターゲットが多く居住しているエリアを狙ってポスティングを行うことで高い反響率が期待できるでしょう。

飲食店の場合のポスティングエリア選定

飲食店の場合

飲食店などの集客の場合、店舗から1km〜2km圏内の主婦層を狙ったポスティングがベター。キャンペーンチラシなどは、少し離れているエリアに配布しても効果が期待されるでしょう。このように、自社のビジネス特性にマッチしたターゲットが多く住むエリアを選定しポスティングを行うことで、効果的に反響を出すことができるでしょう。


②経営システム別に選定する

2つ目の方法は「経営システム別に選定する」です。現代の経営システムには、店舗を持つ「店舗型ビジネス」と、店舗を持たない通販などの「無店舗型ビジネス」の2種類があります。ポスティングを行うときも、それぞれの経営システムに合ったエリア選定を行う必要があります。

店舗型ビジネスのケース

店舗型の場合は、店舗のある場所を中心に半径◯mと考えていきましょう。店舗から半径500m〜800mが徒歩圏内、1km〜2kmが自転車圏内、3km〜5kmが自動車圏内となり、狙うべき商圏となります。そしてターゲットが多く居住するエリアを調査し、ポスティングを行うわけですが、この時に注意すべき点があります。

山や川は迂回のために反響が出にくくなる
「商圏バリア」 を考慮しよう

商圏バリアとは、山や河川、迂回が必要な大型の駅など、お客様が来店する際に障害となるものを指しています。自店舗と住宅街の間に、山や河川、線路などがあると想像してみてください。この場合、お客様が自店舗に来るには山などを迂回する必要がありますよね。


また住宅街側に同じようなお店があれば、商圏バリアを越えて自店舗に来る可能性は少ないでしょう。来店の障害となる原因を明確にすることで、近くに住んでいる場合でも、自店舗へ来る可能性が低いターゲットへのポスティングを戦略的に控えられます。

無店舗型ビジネスのケース

宅配サービスなどの無店舗型ビジネスの場合、店舗に来店しなくとも、電話やネットを通して時間・場所問わず商品やサービスを購入することができます。そのため、配布エリアを広く設定可能なのです。

既存客のいる地域はニーズの高い地域!
顧客の情報をもとに地域を選ぼう

現在の購入データや顧客データを分析し「市場占有率の高い/低いエリア」「上位顧客の居住エリア」「メインターゲットが多く住む居住エリア」などを割り出します。出したデータを元にして、ターゲットの多い居住エリアを中心にポスティングを行います。こちらは実店舗を持たない分、広くチラシを配布することができます。

③予算内で選定する

3つ目の方法は「予算内で選定する」です。メインターゲットが多い地域にとにかくポスティングをして、気づけば予算を超えていた、というケースも往々にしてあります。

予算と反響のバランスが大切!

予算と優先順を決めておこう

「予算はいくらまでか」「配布エリアの優先順位」などをあらかじめ決めておくことが大切です。先に予算を決めておけば、配布したいエリアが複数あったとしても、優先順位をつけて選ぶことができます。ただし極端に少ない予算では反響が弱かった際の統計を取ることが難しくなってしまうため、5~10万円程度の予算は組みましょう

配布エリアの選定方法④過去の蓄積データから選定する

4つ目の方法は「過去の蓄積データから選定する」です。ポスティング業者は、その長年の経験から、配布エリア選定に関する膨大なノウハウやデータを蓄積しているはずです。
なぜなら、実際にポスティングを実施して効果測定まで行うと、データからは読み取れないエリアの細かい特性や気づきを得ることができるからです。

過去の経験をもとに提案してもらおう

経験の豊富な業者を選ぼう

「不動産系のチラシならこの辺りが良い」「ヘアサロンなら若い世代が多い◯◯周辺で効果がある」など、データを共有してくれるポスティング業者を見つけて、配布エリア選定を行えば、ゼロからPDCAを回すよりも、効率的に反響率アップを狙うことができます。

集計方法や集め方も手伝ってもらおう

効果測定に協力してもらおう

ポスティング業者を選ぶ際は「過去のデータやノウハウ蓄積の有無」や「過去データからのアドバイスは可能か」というポイントを意識してみるのもいいかもしれません。 データやノウハウが豊富な業者は面倒な効果測定にも力を貸してくれるはずです。

具体的なエリアの選定方法

ポスティングをするための地域をどのような基準で選定していくかわかりました。ただし、それだけでポスティングがうまくいけば問題はないのですがそうもいきません。大切なことは、その情報を組み合わせて、焦点を絞ることにあります。その方法について説明します。

商圏から配布エリアを選ぶ

店舗を中心として配布地域を選んでいきます。チラシの反響は近場から遠くに向かうにつれ徐々に反響率は下がっていきます。配布地域の範囲を決める際に、どのようにして選ぶべきかお知らせします。

距離から選ぶ

店舗を中心に半径1㎞など商圏に対してポスティングをする地域の選び方です。地域によって同じ範囲でも枚数が異なり、マンションが多い地域は自ずと部数が必要になってしまいます。また来店の見込みがある地域と広告の反響が見込める地域では誤差があるためその差を理解しておく必要がございます。

枚数から選ぶ

こちらは店舗を中心に配布枚数で選ぶ方法です。一般的には1万部~2万部程度が多いですが、商品やサービスが高額商品だったり、集客の見込める大規模なイベントなどの場合は10万部以上配布することもございます。逆にあまり配布数が少ないと偏った配布地域になってしまう場合がございます。

予算から選ぶ

いくら配布がしたくても広告は予算ありきになってしまいます。限られた予算しか捻出ができなかったり、決められた予算内で最適な広告をしたい場合に予算からエリアの選定をすることがあります。ただし印刷やデザインの兼ね合いもあるので予算全体から配布エリアや部数を決めていく必要がござます。

何を基準にしようかしら?

組み合わせて配布エリア選びましょう

上記の選び方はどれか一つをベースに組む必要がございます。よく半径1㎞に1万部撒きたいというようなお話を頂きますが、1㎞圏内は平均的に2万部近く枚数が必要になります。1万部の場合は500m程度しか配布することができません。どちらかをベースにエリアを選定し微調整を行う程度にしておきましょう。

チラシの内容でも配布地域は変わります

チラシの反響はお店の近くから反響が出やすいというのがセオリーですが、そうならないパータンも時々ございます。例えば高級住宅街にあるコンビニ店員のバイト募集などは、いくら高級住宅街に撒いても反響が出にくいものです。このような場合には沿線やマーケティングから地域を選びます。

沿線から選ぶ

沿線から地域を選ぶ場合バスや電車の路線から選んできます。魅力的な商品や仕事であれば少し遠くても人は集まります。とは言いつつも30分以上かかる距離は集客が難しくなるので30分以内の圏内で広告を出しましょう。

年収から地域を選ぶ

ブランド買取のお店などは近くにターゲットがいない場合もあります。そのような際は統計データなどから所得の高い層が多い地域を選び配布をすることもあります。所得層を利用すれば、遠距離地域への店舗広告を撒く際にも有効です。

年齢層から地域を選ぶ

年収と同じようにターゲットとしたい方の年齢層からもエリアを選ぶことがあります。学習塾やお墓のチラシなどある一定の層にのみしか反応しないため、ターゲットの多い地域に配布をすることで高い反響を見込めます。

組み合わせでさらに反響アップ

マーケティングをして配布地域を選ぶ

商圏から選ぶで紹介した地域と内容から選ぶで抽出した地域は組み合わせて使うことができます。特に店舗中心の配布の際の外側の地域はターゲットの多い地域を選ぶことで、反響率を高めることができます。ターゲットの絞り込みやマーケティングについてはこちらで詳しく説明しております。

配布地域からポスティング方法を選ぶ

ポスティングで配布したいチラシは店舗があるものだけではございません。通販で販売したい商品や、出張買取や出張サービスなどで比較的広い地域の決まったターゲットに配布をしたい場合もございます。そのような際は配布方法から地域を選んでいきます。

集合住宅のみ

低所得者向けの商品や、サービスなどは集合住宅に配布ができれば良いという方もいるとおもいます。このようなチラシの場合は集合住宅の集まる地域を選びます。ただ集合住宅が多い順に選べば良いわけではなく、地域によって若干の特色がありますので、内容によって微調整いたします。

事業所のみ

オフィスの清掃サービスや企業向けの広告の場合は事業所に配布をいたします。ターミナル駅の周辺は企業が多く事業所向けの広告に向いています。仕事を受ける際も密集した地域で受注ができるため、移動時間が短縮でき、普段よりも多くの作業がこなせます。

一軒家のみ

土地の売却チラシや外壁の塗装など、個人所有の建物に向けた広告などは戸建てが密集する地域がが最適です、郊外の新興住宅地などは戸建てが多く築年数が経っている地域もあるので反響が見込めます。地域によって所得にも差が出るのでしっかり確認しておきましょう。

曖昧な指定はキケン!!

無理に配布方法を指定をしない

無理に建物の対象を絞り込みむ必要はございません。どんな方でも配布対象になる広告を、集合住宅にだけ絞りたいというようなお問い合わせをよくいただきます。理由をお伺いすると、母数が多く、ターゲットを絞ったほうが良いと書いてあったからと仰る方がいますが、多くの方にお知らせできるに越したことはございません。

エリアサポートが選ばれる理由
失敗しない為に知っておきたい初めてのポスティング