ポスティングチラシ「デザインとレイアウト」

ポスティングをしたいと思ってもチラシのデザインやレイアウトが決まらず悩みますよね。デザインはチラシのターゲットが決まれば自ずと選択肢が絞られて、使う色や、写真などが決まってきます。今回は『ポスティング用のチラシを素早く作製する為に注意するべき点』と『反響を上げるためにチラシに施す加工』について解説したいと思います。

チラシデザインの基本6か条

ポスティングチラシを作製するうえで重要な項目がは6つあります。せっかくポスティングしてもチラシに目もくれず捨てられてしまっては反響も上がりません。お客様に手に取ってもらい購買してもらえるような『チラシ作りの6か条!』を伝授したいと思います。

チラシを構成する大事な要素

レイアウト

どの位置にどの商品を載せるのか、一番伝えたいことは何かによって商品を載せる場所は変わってきます。チラシには流れがるので流れに合わせてレイアウトを考えます。

キャッチコピー

伝えたいことをわかりやすく短的にすることです。キャッチコピーはより短くより具体的なイメージが膨らむことが大切です。商品の価値を想像してもらうことが大切です。

文章

より具体的な説明です。効果や効能、機能や操作性など説明したいことは山ほど出てくと思いますが、いかにスマートにするかが大切です。ターゲットに合わせた表現も心がけましょう。

写真

商品の価値を一瞬で決める大切なものです。どんなに優れた商品で、上手に文章をまとめてあっても、写真がいまいちだとその価値は3割も伝わりません。それくらい大事なのです。

イメージカラー

ターゲットにした層にいかに反応してもらうことができるかは色で決まります。目的のターゲットが興味を持たないような配色では反響の前のチラシすら見てもらえません。

用紙の種類

デザインがいまいちでもチラシに注目を集めることは可能です。その方法の一つが紙質です。他にはない紙の種類や、紙の厚さを変えることで、違う角度からアプローチできます。

ポスティングチラシのレイアウト

レイアウトを組む上で重要なことは『流れ』です。チラシには動線があります。基本的には左上から右下に情報を見ていきますので左上に重要な情報を載せておきましょう。また表と裏はハッキリと違うものにすることで、手に取った時に『内容を見てもらう時間を増やす』ことが可能です。表裏の上下4か所に店舗名やロゴ、ブランド名等どの面を見ても分かるように、記載しておきましょう。

広告主がわかるように!

チラシは折る事を前提にレイアウト

『ポスティングチラシはポストの形状に合わせて投函いたします。』その際口の小さなポストは折をかけて配布するため、チラシの重要部分が隠れてしまう可能性もあります。『どの部分から見ても内容が分かるようなレイアウト』を考えましょう。

ポスティングチラシのキャッチコピー

キャッチコピーを書く上で重要なことは『長すぎず、特定のターゲットに響く』内容でなければなりません。ターゲットが抽象的であったり、目的を一言で伝えきれていない文章は読んでもらうことなくゴミ箱行きです。たとえば『求人募集でお困りの経営者さん』等は誰に何を紹介したいのかなんとなく伝わると思います。

目に留まるキャッチが大事

ポストのチラシは3秒でごみ箱に行く

ポスティングのチラシはたった3秒でごみ箱に捨てられてしまします。その間に内容を読んでもらえるよう誘導しなければ目的のターゲットに届いたとしても『反響に繋がりません。』
まずは「なんだろう?」とチラシを手に取った方の気を引かせるために『心に響くキャッチコピー』で関心を持たせましょう。

ポスティングチラシの文章構成

文章を作成する上で必要なのは要点が簡単に伝わるかです。伝えたい事や売りにしたいことがたくさんある事は分かりますが、欲張ってはいけません。文章を載せる際は補足程度にしておきましょう。文章もデザインの一部ですので、『不要な文字はどんどん削除して、シンプルで内容の濃いチラシにしましょう。』イメージとしてはツイッタ―に説明を乗せる感覚です。小分けにするにしても、200文字程度にまとめましょう。

大切な事だけ載せる事!

チラシはどれだけシンプルにできるかが大事

ポスティングされて手に取ったチラシは読みません。というよりもお客様はチラシを見るのです
作文のように自社の特徴や売りを書いたチラシをよく見かけます、ハッキリ言いましょう。メリハリがなく読む気がしません。ポスティングチラシは『シンプルで簡潔に要点をまとめたチラシを作りましょう。』

ポスティングチラシの写真選び

文章の代わりとして瞬時に多くの情報を伝える事が出来るものが写真です。一瞬でイメージや、雰囲気、豪華さや、静けさ等の情報が認識でき、『購買後のイメージまで与えてくれます。』多くの情報が伝わってしまうがゆえに、『手を抜くと逆に印象を悪くしてしまう問題も含んでいます。』飲食店などの写真は色合いや、構図によってはマイナスの印象を与えてしまい商品や企業の価値を下げてしまい逆効果になります。

インパクトとイメージが譜大事

大きい写真でイメージを持たせよう

ファーストインパクトは非常に重要です、商品でもサービスでも、メインに大きな画像を持ってくる事で一瞬で多くの情報を与えてくれます。『イメージや雰囲気を伝えるものであれば率先して使いましょう。』また商品を販売したいチラシは、プロのカメラマンさんにお願いして商品の撮影をしましょう。これだけで売り上げは数倍変わるでしょう

ポスティングチラシのカラー選択

おしゃれなチラシ作りたいですよね。あの色も良い、この色も良いと使っていくと、どんどん奇抜なデザインになります。有名なデザイナーが作ったチラシであれば話は別ですが、読む側の事を考えると、あまり読みやすいチラシではないですね。『色を使う上で大切なのはバランスです。』色にも相性の良い色と悪い色があります。さらに『明るさや』、『鮮やかさ』等おしゃれに見せるには決まった配色のルールがあります。また白と黒のようにどのような色にも逆色という色があるのでこちらも意識しておきましょう。

色が多いと大事なことが伝わらない!

メインカラーは3色仕上げよう

色の構成は企業イメージや商品、サービスのメインイメージの色をベースにします。『重要な部分には逆色でしっかり目立たせてあげましょう。』最後に明度・彩度のどちらかが統一の色でワンポイントの装飾をしましょう。文章や基本的な情報等は、白黒で分かりやすいようにしてあげるとさらに良くなります。

ポスティングチラシの用紙選び

チラシの紙の厚さは内容がわからなくても何となく価値観を表現できます。厚みのあるチラシは高級感を演出でき他のチラシとは少し違う特別感を演出できます。逆に厚みの薄いチラシは激安感を演出できるので、セールや特売などのチラシに向いています。他にも光沢紙やマット紙など質感によってもチラシの表情は変わります。シンプルでシックなデザインはマット系の紙質でおしゃれな雰囲気を演出できます。申し込み用紙が付いたチラシなどは書き込みがしやすいように、普通紙を選択すると良いです。

安い印刷費で安っぽさが出ない

コート紙90㎏のチラシを中心に考えよう

紙質は厚くなればなる程高くなるのは当然、かと思いますが、実は枚数や印刷する機械によって金額が変わってきます。その中でも金額に揺らぎが少なく安定しているのはコート紙の90㎏という厚さです。この紙質を基準に厚紙にしたり薄紙にした時の金額を確認しておくと割高か割安かを判断できます。

ポスティングで目を引くチラシの加工

チラシの内容は当然大事ですが、手に取った時にいかに興味を引く事が出来るかもチラシ作成では重要になります。『少し厚みがあったり』、『特殊な形をしている』ことで見て頂くきっかけを作り、頑張って考えたレイアウトや文章もしっかりと見てもらえるようになります。時間とお金をかけたチラシを少しでも多くの方に注目してもらえる様なチラシの加工についても少しお伝えしておきます。

ポスティングチラシの折加工

チラシはきちんと折る事で見た目もよく、サイズも手に取ってもらいやすく、さらに情報をきちんと載せられて魅力です。実際に折り加工があるチラシとないチラシでは反響も違ってきます。折加工にもさまざまな種類がありますが、あまり開くのに手間のかかる折加工や収まりの悪い折り加工はポスティングチラシに向きません。『パッと目れること』と、『ポストにキレイに収まる事』が大事だからです。また特殊な加工程コストもかかる為、費用対効果が悪くなってしまいます。

綺麗に折れてるとつい見ちゃうわ!

二つ折りチラシで差別化を!

一番ポスティングに向いている折加工は二つ折りです。サイズ、コスト、原稿のレイアウトについてバランスが良いからです。『手に取りやすいサイズ』になり、『加工費が一番安く』、見開きでレイアウトを組めるため情報がまとめやすいことが理由です。重要な情報も外側の2か所に記載すればよい為、原稿作成の手間も減ります。

ポスティングチラシの変形加工

特殊な形に加工されたチラシは、手に取った瞬間『なんだこれ?』とお客様の興味を引きます。さらに商品やサービスが分かる形にするだけで写真と同じ効果を持ち、一瞬で相手に多くの情報を伝える事が可能です。特に専門的なお店であれば効果は抜群です。特殊な形に加工されたチラシは厚さがあって初めて意味を成します。薄いチラシで作成しても、チラシの間に紛れてしまう可能性があります。しっかりと厚みを持たせて、おしゃれに飾れるくらいのセンスとデザインが必要です。またトータルの費用がかかかるため、利益の薄い商品では広告費の回収が難しくなってしまいます。

必ず注目を集め記憶されます!

メイン商品の形でイメージアップ

分かりやすい例で言いますとワインバー等はワインボトルをイメージして作成したり、飲食店ではお皿の形にかたどってみたりと使い方は無限大です。店頭に並べてお店をアピールする事も出来ますし、名刺代わりに配る事も可能です。『ポスティングに限らず、多くの場面で活躍できる有能なチラシです。』

デザインしたチラシの活用

デザインしたチラシは撒いて終わりではありません。しっかりと配布する地域を選び、配布したチラシの効果を測定して次につなげることが重要です。

商圏内でターゲットの多い地域はどこ?

作ったチラシをターゲットに届けよう

せっかくデザインしたチラシを目的のターゲットに届けることができなければ頑張って作った意味がございません。どこの地域にどのように配布すればよいか、その反響を想定できる商圏の絞り込みが大切です。

どちらのチラシが反響がいいかな?

デザインしたチラシは効果測定しよう

チラシは一度作って終わりではございません。実際にお客様のお手元に届き反響が返ってきたら完成です。思ったような反響が伸びないうちはデザインの見直しを都度しなければなりません。そのためにポスティングしたチラシの効果測定をしっかりとしましょう。

エリアサポートが選ばれる理由
失敗しない為に知っておきたい初めてのポスティング