ポスティングバイトの服装【身だしなみで好感度UP】

ポスティングバイトの服装【身だしなみで好感度UP】

ポスティングバイトは、住宅街など人の生活圏に入っている仕事です。
そのため、そこで暮らす方に不快感を与えないように常に気をつけています。
ポスティングバイトはシフトはなく、基本的に自分の都合に合わせて働ける仕事ですが、
道ゆく人や住民の方から「みられている」という意識を忘れずにふるまうようにしていました。

ポスティングバイトの服装は基本的には自由ですが意識することで気持ちもが上がりますよ。

ポスティングバイトのコツとして気をつけていた「服装」

Eさん ポスティングバイト体験談

ポスティングバイトする時には、服装と配布態度を気をつけていました。
「ポスティングバイトに行く時はこれ!」と自分の中で
ユニフォームのような服装を決めることで、オンとオフの切替もできるようになり、楽しく配布できました

ポスティングしやすい服装を心がけること

ポスティングしやすい服装

ポスティングバイトを行う際にもっとも重要なのは「服装」です。
疲れにくく歩きやすいスニーカーはポスティングでは必須です。
他にもチラシを入れておくためのリュック、動きやすいジーンズや上着など、
ポスティング用の服装は必ず準備しておくようにしましょう。
また、ポスティングバイトは、天候に左右されることが多々あります。
日によっては急に寒くなったり、雨が降ったりすることもあるでしょう。
そんな時は一枚多く上着を着て行くなど、風邪をひかないように脱ぎ着しやすい服装を心がけることが必要です。

暑い日の水分補給や日焼け対策

暑い日の水分補給や日焼け対策も忘れずに。体調に異変を感じたらすぐに休憩することも大切です。さらに、ポスティングバイトでは紙のチラシを大量に配布することになります。
チラシを扱うと手が乾燥してチラシが滑ってしまったり、紙で手を切ったりしないよう、
指サック、滑り止めつきの軍手なども用意しておくと配布効率も上がり便利です。

暑い時期でも清潔感はキープ!

暑い時期でも清潔感はキープ

春・秋のポスティングバイトは襟のついたシャツにジャケットを着ていました。
移動しやすいようにボトムはパンツスタイルが多かったように思います。
夏は暑さ対策のために半袖ですが、襟ぐりのヨレたり空き過ぎたりしていないかを事前にチェック。大きめのタオルを持参してこまめに汗をふき、だらしなく見えないように気を配っていました。また、帽子をかぶってポスティングバイトに行く場合も、マンションやアパートのエントランスに入ったらなるべく脱ぐように心がけました。これは、帽子をかぶっていると目が隠れて不審者のように見えてしまうためです。

寒い冬はコートを着た状態で出勤前に全身チェック

寒い冬はコートを着た状態で全身チェック

ポスティングバイトは効率よく配布すればするほど時給が上がる計算になるため、
冬はエントランスでもコートを脱ぐことなく、配布を実施していました。そのため、ポスティングに出る前はコートを着た状態で、自分がどのように見えるか客観的にチェック。マフラーを巻く時は顔が隠れないように気をつけるなど、なるべくきちんとして見えるファッションを心がけていました。

雨天時はポンチョやレインブーツで完全防備

雨天時はポンチョやレインブーツで完全防備

雨の日はできる限り避けていましたが、
長く続けていると雨の日でも止むを得ず配布に行かなければならない時もありました。
その場合は、レインブーツを履いて長い距離を移動しても足元が濡れないようにガード。
ポンチョや大きめのレインコートを着て、マンションやアパートに入る際は裏返しに脱いでササット配布し、表に出る時にまた着る、といったようにしていました。
基本的な姿勢は、ポスティング先を「汚さない」、「濡らさない」。立つ鳥跡を濁さずを心がけていました。

ポスティングバイトする際の服装や持ち物

Kさん ポスティングバイト体験談

ポスティングする際の服装

ポスティングバイトでは長時間歩いたり、自転車を漕いだりすることが多いため、
スニーカーまたは履き慣れた靴を履くことをおすすめします。
スニーカーを履いていてもコンクリートの道は結構足に負担がきますので、
底がしっかりしたスニーカーを選んでみズボンは自転車を漕いだり、階段を上り下りしたりすることもあるので、
ジーパンよりはチノパンや綿パンなどの方が膝の曲げ伸ばしが楽なので、おすすめです。
スウェットパンツやジャージも動きが楽にはなるのですが、
ちょっとラフ過ぎるイメージがあるので、わたしはポスティングバイトの際に履いたことはないです。

ポスティングする際の持ち物

夏にポスティングバイトを行う時には、熱中症対策でペットボトルは必須です。
ショルダーバッグにチラシと一緒に入れるので、万が一こぼしても被害が少ない水のペットボトルがおすすめです。汗を大量にかいた時用に、塩を小袋に入れて持ち歩くのも良いでしょう。
ビニール袋など防水のものに入れれば、スポーツドリンクや経口補水液などを持ち歩くのも良いです。どうしても、水分が足りなくなってしまった時は、途中でコンビニに立ち寄ったこともあります。可能ならば、体力の消耗も少ないので、朝早くや夕方以降の涼しい時間を選んでポスティングしてみてください。夏は特に日焼けしやすいので、薄手の長袖やアームカバー、帽子、日焼け止めも必要です。首に冷却スカーフを巻くのも良いですね。速乾性のシャツは、汗が乾きやすいのでおすすめです。

ポスティングバイトでの「体験談」ご紹介