【超重要!】ポスティングの配布エリアを選定する方法を徹底解説!

自社のマーケティングの一環としてポスティング導入を決めたけど

「どのエリアにポスティングすればいいか分からない、、」
「どのエリアにチラシを配布すれば効果的なのだろうか、、」

とお悩みの方も、少なくないのではないでしょうか?

ポスティングの反響を期待したいのであれば、配布エリアの選定はとても重要です。
エリア選定やターゲット選定を行わず、むやみやたらにポスティングをしても、思ったような効果が出ず、チラシや費用を無駄にしてしまうかもしれません。

そこでこの記事では、ポスティングにおける重要項目の1つ「配布エリアの選定方法」をご紹介していきます。

3分くらいで読めるうえ、配布エリアの選定方法が理解できるので、「どのエリアにポスティングを行えば効果的なのか知りたい!」という方はぜひ最後までお読みくださいね!

ポスティングにおける配布エリア選定は超重要!

では、なぜ配布エリアの選定は重要なのでしょうか?
1つ例を出して考えていきます。

例)美容院の集客でポスティングを利用する場合

方法1)店舗周りの半径1〜2km圏内のすべての世帯に配布
方法2)店舗周りの半径1〜2km圏内に住んでいる髪の毛のケアに気を遣っている若い世代を中心に配布

どうでしょうか?
「方法1」と「方法2」を比較すると、圧倒的に「方法2」の効果の方が高そうですよね。

自社の売りたい商品やサービスにマッチしたターゲット層が多く居住するエリアを中心にポスティングを行うことで、より大きい反響を期待できるのです。そのため、配布するエリアの選定は超重要です。

ポスティングの配布エリア選定方法

ここでは、ポスティングにおける配布エリア選定の具体的方法をご紹介していきます。

配布エリアの選定方法①自社のビジネス特性で選定する

まず1つ目の方法は「自社のビジネス特性で選定する」です。

前述した通り、売りたい商品やサービスによってターゲット層は異なりますよね。
そのため、アプローチしたいターゲット層が多く居住しているエリアにポスティングを行うことが重要です。

例えば店舗を持つ美容院などの集客をしたい場合店舗から半径500m〜800mの徒歩圏内、1km〜2kmの自転車圏内、3km〜5kmの自動車圏内での、若い世代が居住するエリア中心に配布するのがベターでしょう。
また店舗が駅チカ立地であれば、学校や会社帰りに寄ることができますよね。

そのためこの場合は、少し商圏から離れていてもターゲットが多く住んでいるのであれば、ポスティングを行ってもいいかもしれません。

学習塾などの集客を行いたい場合学生が徒歩や自転車で通える店舗から1km〜2km圏内かつ、お子さんのいる世帯、または年収の比較的高いターゲットが多く居住しているエリアを狙ってポスティングを行うことで高い反響率が期待できるでしょう。

日用品を取り扱うスーパーマーケットなどの集客の場合店舗から1km〜2km圏内の主婦層を狙ったポスティングがベター。特売チラシなどは、少し離れているエリアに配布しても効果が期待されるでしょう。

このように、自社のビジネス特性にマッチしたターゲットが多く住むエリアを選定しポスティングを行うことで、効果的に反響を出すことができるでしょう。

※国勢調査データを利用すれば、商圏に住む人口、男女比、年齢層別、世帯数、世帯構成、建物構造、建て方、持ち家、借家、事業所数、年収などを調べることができます。

配布エリアの選定方法②経営システム別に選定する

2つ目の方法は「経営システム別に選定する」です。

現代の経営システムには、店舗を持つ「店舗型ビジネス」と、店舗を持たない通販などの「無店舗型ビジネス」の2種類があります。
ポスティングを行うときも、それぞれの経営システムに合ったエリア選定を行う必要があります。

店舗型ビジネスのケース

店舗型の場合は、店舗のある場所を中心に半径◯mと考えていきましょう。

飲食店などのサービス業であれば、例に挙げた通り、店舗から半径500m〜800mが徒歩圏内、1km〜2kmが自転車圏内、3km〜5kmが自動車圏内となり、狙うべき商圏となります。

そしてターゲットが多く居住するエリアを調査し、ポスティングを行うわけですが、この時に注意すべき点があります。

それは「商圏バリア」を考慮する、ということ。
商圏バリアとは、山や河川、迂回が必要な大型の駅など、お客様が来店する際に障害となるものを指しています。

自店舗と住宅街の間に、山や河川、線路などがあると想像してみてください。
この場合、お客様が自店舗に来るには山などを迂回する必要がありますよね。

また住宅街側に同じようなお店があれば、商圏バリアを越えて自店舗に来る可能性は少ないでしょう。

来店の障害となる原因を明確にすることで、近くに住んでいる場合でも、自店舗へ来る可能性が低いターゲットへのポスティングを戦略的に控えられます。

無店舗型ビジネスのケース

宅配サービスなどの無店舗型ビジネスの場合、店舗に来店しなくとも、電話やネットを通して時間・場所問わず商品やサービスを購入することができますよね。

そのため、配布エリアを広く設定可能なのです。

現在の購入データや顧客データを分析し「市場占有率の高い/低いエリア」「上位顧客の居住エリア」「メインターゲットが多く住む居住エリア」などを割り出します。
出したデータを元にして、ターゲットの多い居住エリアを中心にポスティングを行います。

こちらは実店舗を持たない分、広くチラシを配布することができます。

配布エリアの選定方法③予算内で選定する

3つ目の方法は「予算内で選定する」です。

メインターゲットが多い地域にとにかくポスティングをして、、気づけば予算を超えていた、、というケースも往々にしてあります。

そのため「予算はいくらまでか」「配布エリアの優先順位」などをあらかじめ決めておくことが大切です。

先に予算を決めておけば、配布したいエリアが複数あったとしても、優先順位をつけて選ぶことができます。

配布エリアの選定方法④過去の蓄積データから選定する

4つ目の方法は「過去の蓄積データから選定する」です。

ポスティング業者は、その長年の経験から、配布エリア選定に関する膨大なノウハウやデータを蓄積しているはずです。
なぜなら、実際にポスティングを実施して効果測定まで行うと、データからは読み取れないエリアの細かい特性や気づきを得ることができるからです。

「不動産系のチラシならこの辺りが良い」「ヘアサロンなら若い世代が多い◯◯周辺で効果がある」など、データを共有してくれるポスティング業者を見つけて、配布エリア選定を行えば、ゼロからPDCAを回すよりも、効率的に反響率アップを狙うことができます。

そのためポスティング業者を選ぶ際は「過去のデータやノウハウ蓄積の有無」や「過去データからのアドバイスは可能か」というポイントを意識してみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

今回は、ポスティングにおける配布エリア選定の方法をご紹介してきました。

今一度まとめておきましょう。

  • 自社のビジネス特性で選定する
  • 経営システム別に考えて選定する
  • 予算内で選定する
  • 過去の蓄積データから選定する

一口にポスティングと言っても、むやみやたらにチラシを配布すればいい、というものではありません。
反響率の高いポスティングを行うためには「事前のエリア選定」が必要不可欠です。

今回ご紹介したような、適切なエリア選定を行うことで、コスパの良いポスティングを行うことができるはずです。

「ポスティングの効果が全然出ない、、」

とお悩みの方は、再度エリア選定の方法を見直してみてはいかがでしょうか。




お問い合わせ・ご相談