ポスティングとインターネットの広告を比較【メリット・デメリット】

2020年5月23日

現在は、多くの人がインターネットを利用し、
必要な情報を見つけて行動していることからインターネットを利用した広告が大きな注目を集めています。
そこで、ポスティングによる広告とインターネットを利用した場合の
メリットデメリットを比較してポスティングの広告効果を考えてみたいと思います。
また、ポスティングに似た広告の得られる新聞折り込みとの比較も加えて紹介します

ポスティングによる広告とは

ポスティングによる広告は、チラシリーフレットパンフレットなど
配布したいエリアを指定して、そこの住居の郵便ポスト投函することで目的を達成する方法です。
多くは、営利企業などが売上向上を目的に行いますが、地方自治体などの非営利の公的な情報提供の手段としても行われます。

インターネットを利用した広告とは

インターネットを利用した広告は、その名称のとおり、
インターネット上に文字や画像、動画などを掲載して目的を達成する方法です。
Web広告とも呼ばれ、目的や訴求したい対象層によって

リスティング広告ディスプレイ広告アフィリエイト広告バナー広告記事広告SNS広告など

さまざまな種類があります。

ポスティング広告とインターネット広告のメリット、デメリット

メリットとデメリット

ポスティング広告のメリット

低コストで手軽に早く広告を実施できる

ポスティングは、訴求効果の高い内容であれば手書きチラシをコピーしてポスティングできるので
低コスト手軽に早く実施できます。継続して実施することで最初は廃棄されても廃棄判断のときに
目に触れるので店名商品名イベント内容などを印象付けられます

一定期間保有されて継続した広告効果が得られる

ポスティングは、紙によるチラシなど配布するためインターネット広告と違い、
目に留まり少しでも興味があれば一定期間保有され、その間、広告効果期待できます
インターネット広告は、見なくなった瞬間、再び見ることをしない限り、その情報は消えてしまいます。

視認性が高く、広告の訴求効果が高い

ポスティングによるチラシなどは紙であるため、
ポストから取り出し不要または必要を判断するときに必ず対象ユーザーが見るため、
まったく見られないこともあるインターネット広告に対して、現時点で強い興味を持っていないユーザーにも訴求できます。
この点は、同じチラシによる新聞折り込み広告よりも高い訴求効果が得られます。
新聞折り込み広告ではチラシのごく一部のみで不要、必要が判断されるからです。

狭いエリア、狭い対象ユーザーに対してしっかり訴求できる

ポスティングでは、狭いエリアに、あるいは、例えば戸建て住宅チラシのようにマンション住民の方が反応が高いと思える場合
マンションアパート築年数の経過した戸建て住宅などにのみに広告できます
また、近年は新聞の購読者が減少していますが、ポスティングでは新聞を購読していないユーザーにも訴求できます。
また、新聞折り込みは、チラシの内容によってはポスティングよりも詳細な禁止事項があって折り込みしてもらえないチラシがあります。

チラシ以外のモノも配布できて訴求効果を高められる

ポスティングはチラシ以外にも小さくてかさばらず軽いモノであれば配布できます
現物を見て、使うことでそのモノも良さが分かる場合は、直接訴求できます。
また、チラシ以外にも効果が期待できれば年賀状、暑中見舞い、クリスマスカードなども配布できます。

ポスティング広告デメリット

広いエリアへの訴求が困難である

ある程度の広いエリアに対しても訴求できますが、費用対効果から、および短期間に配布することは困難です

費用が最安値ではない

一定エリアにチラシを配布するのは新聞折り込みより高くなります

クレームを受ける可能性がある

マンションや戸建て住宅の敷地内に入ってポスティングすることは原則として住居への不法侵入罪としてクレームを受ける可能性があります
特に、チラシ配布お断りと明示してある場合や、マンションの管理人から
配布しないように言われても配布すると大きなクレームになるので注意が必要です。

インターネット広告のメリット

広く、きめ細かくターゲット層を分けて訴求できる

日本中はもちろん、必要であれば世界中に対して
「購入見込みの高い層」「潜在的な顧客層」「顧客開拓のための低関心層」など
ターゲットを絞った訴求できるため効果の高い広告が可能です

訴求できた場合にのみ費用が発生する

ポスティングや新聞折り込みではまったく配布した先のユーザーが見なくても費用が発生しますが、
インターネット広告では、どの程度しっかり見られたかは別にして見る意思があったユーザーがクリックした場合にのみ費用が発生します
そのため、高い広告費であっても確実に訴求したいユーザー層が見た場合しか費用が発生しません。

広告効果の測定がしやすい

ポスティングでもチラシを持参で割引するなどを行うことやチラシ問い合わせ専用電話を設置するなどすれば、
効果をある程度測定できますが、インターネット広告ではもっと簡単に詳細に効果を測定できます

広告効果を高められる

データを分析することで広告の方法を改善して効果を高められます

インターネット広告デメリット

費用が高い

ポスティングよりも費用は高くなります。広く訴求して多く販売できるような場合は、費用総額は高くなっても費用対効果は良くなります。

技術の変化が早く、広告効果も変わるため常に費用知効果の測定が必要

インスタグラム(SNS)やTikTok、YouTubeの利用者が増えるなど、同じ手法で広告しても効果が上がらないリスクがあります

広告の効果を高められるが、知識がないと高められない

メリットの広告の効果を高めるには知識がないとできず専門業者に依頼するとさらに費用がかかります

ポスティングと他の広告媒体との違い

ポスティングと新聞折込との違い

ポスティングは新聞折込と違い、決まった購読者がおりません。
不特定多数の方にご覧頂く事が出来るので、幅広い層の方に見て頂け間ます、また丁目単位で地域の指定が
できる為地域密着型の店舗様なども使いやすい広告媒体です。

【さらに詳しくは下記をクリック】

ポスティングとダイレクトメールとの違い

ダイレクトメールとの大きな違いは価格です。
ダイレクトメールは1通60~80円程度かかりますが、
ポスティングは一般的な配布方法で1通4~5円程度になります。
ピンポイントの指定ではない為、特別感は劣りますが、広く告知する媒体としては
かなりコストを抑える事が可能です。

まとめ

インターネットの普及でインターネットを使った広告のウェイトが高まっていますが
ポスティングは低コストから始めることができ、
ピンポイントで地域に販促を行うことができるので重要な広告宣伝ツールです。
ご要望に合わせ色々な配布ができる費用対効果の高い広告媒体と言です。
しかし、しっかりとその効果を得るためには、
ターゲットや戦略、反響の測定など、押さえなければならないポイントも多くあります。
また、インターネットを使った広告はその媒体の特性から広いエリアへの訴求に適しています。
しかし、インターネットをあまり利用していない層へは訴求が困難という問題もあります。
東京ではエリアを絞ったきめ細かい広告には
ポスティングが新聞折り込もよりも適していることから、

それぞれのメリットデメリットを理解して使い分けるとが大切です。
まずは広告の目的を整理し、業者さんに相談をしてみましょう。

お問い合わせ・ご相談