2017年12月17日

カテゴリー:ポスティング スタッフブログ

ポスティング、恐怖のドアポスト

どうも、ポスティングスタッフです。
先日起こった事件、
というか
先日起こったちょっとした恐怖について。
ポスティングにおいて、困るのは集合ポストがないアパートです。
そういう場合はドアポストに投函しなくてはいけません。

こういったタイプですね。
しかし、このドアポスト、実に曲者。
中には、「チラシは悪」
という考えを持つ人間も少なくありません。
アパートなどの場合、直で投函の気配が中に伝わります。
たまたま、中にそういう人が住んでいて、在宅していた場合……。
僕はこないだ、投函直後に中から
「おい!!!!!」
という怒号が聞こえました。
不要なトラブルを防ぐために、ダッシュでその場を離れましたが、のんびりしていると中から人が出てきて一悶着、視認された場合追いかけてくるなんてこともあります。
怖いですね。
ですので、
こういったタイプ↓↓

   B室  C室  D室
——————-
A室 _ _____________|
| 下り階段
|______________

2階のA室から入れて、いきなりこういうことに遭遇した場合、B、Cと入れていては、トラブルになります。
したがって、必ず奥のDから投函し、C、B、Aという順番で行きます。
これなら、進む方向が、退館方向の為、後ろで不穏な動きがあった場合すぐに退散できます。
こういう知恵も、大切なんですよ。

続きを読む

2017年12月15日

カテゴリー:ポスティング スタッフブログ

ポスティングの読みづらいやつ

どうも、ポスティングスタッフです。
寒い毎日が続きますね。
ラニーニャ現象が原因のようです。
南半球の快音上昇に伴い、偏西風の角度が変わり、日本列島に寒気が……
ってそんなことはどうでもいいのですが。
さて、今日は、見えにくい、微妙な文言のこと。
いつも言ってますが、見えにくい奴は困りますね。
赤文字で、なんか書いてある!?
確認確認、、、
って、読めない!?
そんなことは日常茶飯事。
「チラシ」

「禁止」
だけでも読めれば、何とかなるのですが。
で、
これ

うむ、かろうじて読める。
「宅急便さん、住所チェックして」
良かった良かった。

しかしながら、こんな「読みづらい」「注意書き」はもはや意味があるのだろうか?
読めない字で「この文字を読んだ人……」と書いてあるようなものです。
しかし、
読めない、気づかないところに「チラシ禁止」と書いてあるところに限って
「ここにちゃんと書いてあるだろうが!」
と激昂されるので注意です。
恐ろしやおそろしや。

続きを読む

2017年12月9日

カテゴリー:バイト配布員のひとり言, ポスティング トラップ

ポスティングの裏側トラップ2

どうも、ポスティングスタッフです。
先日、
「ポスティングの裏側トラップ」
というタイトルでブログを書きましたが、
今回はその第2弾。
その名も
「ポスティングの緑道トラップ」
われわれ、地図を見ながら配布しているわけですが、
できる限り一筆書きで行けるルートで行きたいものです。
これは、前々回に書きましたが。
で、
地図上で、一筆書きのルートを見て、ある程度流れを予想して、いざ!

……ポストなんかあるわけない。
そんなんだったら、この道をスルーして、別のルートを通れば、
ここの移動距離分は稼げたのに。
と思うのも後の祭り。
だって、すでにここの道に踏み入るまで歩いてしまっているわけですから。
こういう結果にならないよう、
一度行ったことのある地域は、おおよそは覚えておきましょうね。
さらには
配布が厳しめなマンションや一戸建て、
なども覚えておくと、非常に時間短縮になりますね。
出来高制、一枚いくらのこのお仕事、
少しでも効率的にやりたいものですね。

——————————————————————
ポスティングのアルバイト募集です。
「正社員も募集中」
【創業46年】エリアサポート株式会社
無料相談を「満足度」No1のポスティング
電話 0120-22-6762
——————————————————————

続きを読む

2017年12月7日

カテゴリー:バイト配布員のひとり言, ポスティング 貼り紙

丁寧なチラシお断りポスト

ポスティングのアルバイト配布員です。
ポスティングスタッフにとって、禁止貼り紙や看板との出会いは日常茶飯事。
しかし、執拗に永遠に断られ続けるとすこしは気持ちも落ちるというものです。
そんなときに、出会うと少しほっこりするのが
「丁寧にお断りしているポスト」です。
歴代でもレベルが高いのは
「お仕事だとは思いますが、チラシはお断りしております、すみません」
というもの。
そこの住人の方の人柄がうかがえます。
逆に、一番トリッキーで笑えるのが
「チラシまじいらねー、入れたらぶっ殺す、1億円もらう、まじでもらうからな」
というやつ。
本当にあるんです。
西側の環八に近いアパートの……
おっと、ここまでにしときましょう。
これも、ある意味住人の人柄がうかがえるものです。
絶対に知り合いになりたくない。
そこまでのレベルではありませんが、
これくらいでもとっても丁寧な文言ですね。

几帳面な人柄がうかがえます。
こういったところには、喜んでスルーできる感情になりますね。
人間千差万別。
誰の目にも触れる「ポスト」にも、その人が浮かび上がります。
ですので、是非ともそこにも気を使っていただきたいものです。

——————————————————————
ポスティングのアルバイト募集です。
「正社員も募集中」
【創業46年】エリアサポート株式会社
無料相談を「満足度」No1のポスティング
電話 0120-22-6762
——————————————————————

続きを読む

2017年12月4日

カテゴリー:バイト配布員のひとり言, ポスティング あるある, ポスティング トラップ

ポスティングの裏側トラップ

ポスティング配布員です。
今日は、タイトルにもある通り「裏側トラップ」のお話です?
なにそれ?
と、お思いになるかもしれませんが、よくあるいわゆる「あるある」系の話です。
地図を見て、並行している道が二本。
しかも、結構近い。
よくよく見てみると、その道の間にある建物は一軒分しかありません。
こういう場合、どっちかがポストのある「表側」
そしてもう片方が「裏側」となります。
そう、
これが裏側トラップですね。
できる限り、必要のない道路は通行しないほうが、時間短縮にも良いものです。
そしてできる限り、一筆書きで行きたいものですね。
そんな時に、選んだ道が「裏側」だったばあい、
「あーこれ知ってれば、ここを通らない道順選択したのに!」
となります。
明らかに裏側に「石垣」や「フェンス」がある場合、向こうまで見渡して、即座に通る道順を変更します。
しかし困るのはマンションやビルの裏側です。
こういった建物の場合、ポストが裏側にある場合や、一見表側に見えるものが多いのです。

こんな感じに。
ちなみにここの通りにはポストは一つもありません。
こういう「裏側トラップ」を覚えておくのも、一つ、仕事を早く進めるいい知識になりますので
初心者の方は、覚えておきましょう!

——————————————————————
ポスティングのアルバイト募集です。
「正社員も募集中」
【創業46年】エリアサポート株式会社
無料相談を「満足度」No1のポスティング
電話 0120-22-6762
——————————————————————

続きを読む

2017年12月1日

カテゴリー:バイト配布員のひとり言

ポスティングから経済への波及効果

ポスティング配布スタッフです。
何度も言いますが、
声を大にして言いますが、
皆さん「不況」で「賃金が上がらず」で「貯金もできない」状況ですよね?
経済活動において、お金の回りが全てです。
チラシ一枚、ポストに入っていて、いらなかったとしても処分がそんなに大変ですか?
これを許容するだけで、経済が多少なりともよくなるんですよ?
いや、ほんとに。
例えば、例えばですよ?
全国のマンションがすべてチラシOKになったとしましょう。
すると、おおよそ、1.5倍~2倍のお金がポスティング業界に回ります。
印刷会社にも製紙会社にも回ります。
そして各々の末端にまで回ります。
関係ないかもしれませんが、
僕らも、皆さんも、降ってわいたお金が5000円出来たらどうします?
いいご飯を食べたり、
お酒を飲んだり、
タクシーに乗ったり、
銭湯に行ったり、
マッサージに行ったり……
いろいろ使います。
そして経済は潤っていく。
そうすれば、こんな貼り紙なんてする精神状況じゃなくなりますよ、きっと。

いや、
久々に、おかしな金額設定のマンションを見つけたので、思わず撮っちゃいました。
細かいことでも、許容すること。
結果自分に帰ってきます。
人間関係と一緒ですね。
皆さんも、大きな心をもって日々生きましょうね!

——————————————————————
ポスティングのアルバイト募集です。
「正社員も募集中」
【創業46年】エリアサポート株式会社
無料相談を「満足度」No1のポスティング
電話 0120-22-6762
——————————————————————

続きを読む

2017年11月25日

カテゴリー:バイト配布員のひとり言

ポスティングの時間待ち

ポスティングのアルバイト配布員です。
さて、今日は本当にブログっぽいことを書きますが。
当たった場所が、マンションだらけで、
しかも優先順位が決められていた時のお話。

そこの優先順位一位の地域が、どうしてもいわゆる「5時待ち」をしなくてはいけない場合、
時間をつぶさなきゃいけないことになります。
とはいっても、優先順位二位の場所を先に一部回りはしますが……。

そんな時にもっとも助かるのがここです。

いや、サイゼリヤにこだわらずですが、
ドリンクバーのあるファミレスがとっても助かります。
のんびりとあったかいコーヒーをたしなみながら、時間がたつのを待つのですね。
客観的な一般論ではなく、
実際に最近起こった体験を書いてみました。
ね、
ブログっぽいでしょ?

——————————————————————
ポスティングのアルバイト募集です。
「正社員も募集中」
【創業46年】エリアサポート株式会社
無料相談を「満足度」No1のポスティング
電話 0120-22-6762
——————————————————————

続きを読む

2017年11月23日

カテゴリー:バイト配布員のひとり言

ポスティングでは「貼らない」方

ポスティングのアルバイトスタッフです。
寒くなってきました。
完全に真冬ですね。
こんな気温じゃあ、仕事にも支障を……
いつも言ってますね。これ。
じゃあ、ま、それはおいといて……
皆さん、カイロはお使いですか?
ポスティングスタッフにとって、なかなか欠かせないアイテム、ホッカイロ。
特に、自転車移動の方は確実に使っているのではないでしょうか?

仕事場に到着してしまえば、そっちに意識が行きますし、歩いているので意外に使わなくても大丈夫なのですが、
問題は朝早くにチラシを受け取りに行く途中、そして、そこから配布地点まで向かう途中ですね。
ポスティングスタッフにとって一番しんどい時間です。
だって、体力や時間を使っているのに、お金が発生する前ですから。
こんな時に、少しでも体を温めてくれるホッカイロ。
重要です。

で、ここで一つ。
「貼る」ホッカイロ、「貼らない」ホッカイロ。
この二つがありますが、自分は絶対に「貼らない」派です。

だって、貼ってしまうと、同じ一か所しか温まらない上に、最も温めたい「指先」が温められませんから。
封を開ける
→ポケットに突っ込む
→しばらくそのまま
→特定の部位が寒くなったら、そこに使う
→それ以外はポケットに手を入れてぬくぬく
これに限ります。

ここで、一つの疑問。
「貼る」ほうのホッカイロ。自分は今までで一度としてうまく使えたためしがありません。
どなたか、あれのうまい使い方を教えてください。

——————————————————————
ポスティングのアルバイト募集です。
「正社員も募集中」
【創業46年】エリアサポート株式会社
無料相談を「満足度」No1のポスティング
電話 0120-22-6762
——————————————————————

続きを読む

2017年11月21日

カテゴリー:バイト配布員のひとり言

ポスティング最大の難関

ポスティングの配布スタッフです。
さて、寒くなってきましたね。
ポスティングスタッフにとって、冬場は厳しい環境です。
まだ11月だというのに、真冬のような気温。
この時期にこんな状況では、先が思いやられますね。
あと4か月はこんな状況だと思うと、やれやれです。

ポスティングスタッフにとって、そんな状況を打開するのは、そう、
戸数の多い、マンションです。
しかし、大きければいいというわけではありません。
大きければ多いほど、高級であればあるほど、締め出しを食うことが多いからです。
文言がきつくない、投函しやすい、50~70戸くらいのマンションが立ち並んでいるところが一番助かるわけです。
真冬の寒空の中、これが一つあるだけで、15分は早く終わります。
四つ並んでいれば1時間、早く終わるわけですから。
赤裸々な問題です。

しかし、最難関はタワーマンション。
基本的には入りません。
コンシェルジュが24時間の対応のところもあります。
年末になればなおさらです。

こんなタワーマンションの人が、笑顔で、ポスティングスタッフを受け入れてくれる。
そんな時代にならないものでしょうか。
そうすれば、普通に、ポスティングスタッフの基本賃金がアップしますから。
本当に景気が上向きになると思うんだけどなあ。

——————————————————————
ポスティングのアルバイト募集です。
「正社員も募集中」
【創業46年】エリアサポート株式会社
無料相談を「満足度」No1のポスティング
電話 0120-22-6762
——————————————————————

続きを読む

2017年11月14日

カテゴリー:バイト配布員のひとり言

ポスティングで回想「いつか走った草原」

ポスティングスタッフです。
今日はちょっとセンチなお話。

僕は結構長いことこのお仕事をしております。
今お世話になっている会社は2社目ですが、前回の会社もとてもお世話になりました。
引っ越しが原因で、仕事先を変えなくてはならなかったわけですが、
前社は、とある特定の地域(東京23区のうちの2~3区)を対象としていまして、
今の会社は23区どこでも行きます。

そんなわけで、たまにその前の会社でやっていた区域にあたることがあるんですね。
そんな時、フラッシュバックする、その当時の自分。
どんな気持ちでこの道を歩いていたか
どんなことをしていたか
どんな未来を思い描いていたか
なんてことが、それまですっかり忘れていたその時の記憶が
すっとよみがえったりするんです。

いや、これ、本当に不思議なんです。
景色と一緒だと、いろんな細かい感情まで思い出すんですから。

でも、もっとも思い出す季節ってのがあるんです。
それは冬。
夏の暑い時期は、汗と温度で意外にそれどころではなく、
町もにぎやかで、
「ふと空を見上げて、白い息を吐く」
なんてことはなりにくいもんです。

冬の日、晴れた日
雲一つない青空の日
寒いながらも、だだっぴろい公園の芝生。
ただの公園の芝生が、
気持ち一つでは、草原に見えたりします。
昔の自分と出会える、
いつか走った草原。

そんなことを思いながら仕事をするのも、
また一興ではないでしょうか?

——————————————————————
ポスティングのアルバイト募集です。
「正社員も募集中」
【創業46年】エリアサポート株式会社
無料相談を「満足度」No1のポスティング
電話 0120-22-6762
——————————————————————

続きを読む

1 2 3 4 5 6 32

tel:スタッフ募集

tel:みんな待ってるポスティング!

アーカイブ