ポスティング?新聞折込?違いを教えて!

2020年5月23日

ポスティングか折込かを考えている人

ポスティングと新聞折込みどっちが広告としていいの?と迷う気持ちはよくわかります。
『反響はたくさんほしいし』『できればコストは抑えたい』と思うのは当然のことかとおもいます。

今回はそんな悩みをお持ちの方の力になればと思い
『ポスティングと新聞折込の違いを徹底比較』して
『どのような場面で度の媒体を使えば良いか』を徹底解説いたします。

ポスティングと新聞折込を徹底比較!

虫眼鏡で比較している

ますはポスティングと新聞折込の違いについて具体的に違いを解説致します。
コスト』、『購読率』、『メリット』デメリット』など、
間違った使い方で反響を落としてしまったり、無駄なコストをかけて
宣伝広告を失敗しないように注意点をお伝えいたします。

ポスティングと新聞折込の配布コストの違い

新聞折込の単価は平均3~4円程度が一般的です。
一方ポスティンは平均4~5円程度が一般的な単価になります。
新聞折込の方が1枚の配布単価は安く広告を出すことが可能です。
ただし費用対効果が高いかは別』です。

新聞折込が安い理由は購読者より新聞代を徴収している事と一回で10~20枚程度のチラシを
同時に配布している為1枚の単価を安く配布することが可能です。
ポスティングは2~3枚のチラシのみを、購読者に無料で届けるため配布単価は新聞折込より高くなってしまいます。

金額にについては新聞折込の勝利です。
同じ範囲を配布するとなった場合、配布数が少なく配布単価の安い
新聞折込のほうが支払総額は安く広告がだせます。
ただし金額が安くても反響が少ない場合もあります。
以下の項目もしっかり確認し適切な媒体を選びましょう。

エリア網羅率

ポスティングのエリア網羅率は配布方法によって変わりますが
一番平均的な軒並み配布という配布方法で80~90%程度
地域をカバーすることが可能です。

新聞折込も選択する新聞媒体によりますが全紙選択しても
エリア網羅率は約30~40%程度のカバー率になります。

料金では新聞折込が単価も同じ範囲に配るにしても安くできる事がわかりましたが
配布数が少なく広告を見てもらえる方が少ないと反響も上がりません
その点も含めて検討する必要があります。
今回エリアエリア網羅率はポスティングのカバー力に軍配があがりました。

ポスティングと新聞折込の特徴

ほかにもポスティングにはポスティングのメリットデメリット
『新聞折込は新聞折込のメリットとデメリットがあります。』

一覧でまとめます。

ポスティングメリット

  • 丁目単位でエリア指定ができる
  • 建物などの細かい指定ができれる
  • 地域のカバー率が高い
  • 必ず手に取ってもらえる
  • チラシがでもとに残りやすい

 ポスティングデメリット

  • 短期間での大量の配布ができない
  • 部数が多く必要になる
  • クレームが出てくる可能性がある
  • 単価が高い

 新聞折込のメリット

  • 短期間で広範囲に配布が可能
  • 配布単価が安い
  • 信用性が高い
  • 部数が少なくて住む。

 新聞折込のデメリット

  • 販売店単位でしか指定ができない
  • エリアの網羅率が低い
  • 広告の有効期間が短い
  • 多くのチラシと折込まれるため目に留まりにくい

ポスティングと新聞折込の使い分け

コインから新芽

では実際にポスティングと新聞折込の使い分けについてどのようなパターンでどちらの媒体を選べば良いか
具体的な広告事例をもとに理由注意点を紹介したいと思います。

ポスティングの有効な使い方3選

ポスティングによる広告で反響が見込める広告内容や
配布方法向のパターンを紹介したいと思います。

若い方をターゲットした広告の場合

近年新聞折込の購読者数は減少の一途をたっどております。
特に30代以下の若年層の新聞の購読率は10年前の半分以下です
インターネットの普及に伴いネット広告が中心になっている若者に
『安いコストで広告を届けるにはポスティングが最適です。』

『新聞折り込みに比べポスティングは部数が必要になってしまいます。』
ターゲットが絞り込めているのであれば、しっかりとマーケティング
で地域の絞り込みをして無駄なコストをかけないようにしましょう。

地域密着による狭い範囲に満遍なく配布を知る場合

ポスティングは丁目単位で地域を指定して配布することが可能です。
そのため商圏の狭い地域密着の店舗等は、無駄なコストを抑え
見込み客の多い地域に満遍なく配布することが可能です。
宅配業など丁目の指定をする必要のある職業もポスティングがおすすめです。

タワーマンションが立ち並ぶ地域や、一軒家が密集する高級住宅街等は
セキュリティの問題からポスティングで投函が難しい地域もございます。
新聞折込のほうが確実にエンドユーザーに届けやすい地域もごく一部ですがあるため
店舗周辺の特徴を確認しておきましょう。

広範囲に大量のチラシを配布をしたい場合

期間に余裕があり広範囲に大量の広告を配布したい場合もポスティンが有効です。
ポスティングには地域、期間に余裕を持たせることで単価を安く配布する方法があります。
このような配布の際はポスティングのほうが『安く対応することが可能です
不用品回収や通信販売等広範囲の商売が対応可能な業種以外は
あまり向かない配布方法かもしれません、どの程度反響が見込めるかを
しっかりとシミュレーションしてもらい、判断しましょう。

新聞折込の使い方

新聞折込の特徴を生かして効果が見込める広告内容や
ターゲット層などのパターンを紹介したいと思います。

短期間で告知をしなければならない場合

短期間で多くの人に告知をしなければいけない緊急の広告や
開催まで期間の短いイベントのチラシなどは新聞折込が有効です。

1日にで希望の地域すべてに配布できる拠点数があるため、
納品当も含め最短3日で折込が可能です。

細かい地域指定ができない点が難点です。
あくまで販売店単位の指定になるので境界線や市区町村の境目が
あいまいになる場合があります。店舗ごとの販売エリアが決まっている
場合があると、エリア通りにチラシを変えることが難しい点は注してください。 

高齢者をターゲットにした広告

高齢者の新聞購読率はいまだに高く、60才以上の世帯の約70%が
新聞を購読しております。特に地方に行けば行くほど購読率は上がります。

さらにチラシに対する信用性が高い点もおすすめする理由です。
『健康食品やセミナーのチラシなどのチラシは新聞折込で告知しましょう。』

新聞折込をするには、原稿に基本情報が載っているか、
責任の所在はどこか、誇大広告になっていないかなど
細かな審査がございます。記載しなければいけない情報や
景品表示法、薬事法など、の広告基準は簡単に目を通しておきましょう。 

まとめ

ポスティングと新聞折込では集客できるターゲット層に若干の違いがあります。
また大まかな特徴として、新聞折込はコストが安く年齢の高い層をターゲットにしやすい反面
エリアのカバー率が低く若年層への告知がしにくいです

ポスティングは逆に多くの層にもれなく告知ができ地域密着で告知ができる分
若干配布単価が高いのが難点です。
どちらも向き不向きがあるので、広告の内容によって媒体を使い分けることで
費用対効果の高い広告が可能になります。

お問い合わせ・ご相談