東京都のポスティング成功術!

2020年5月29日

東京都でポスティングを検討・実施されてるみなさん。
『反響が上がらない、業者を探したい、価格を抑えたい』
ご要望が色々あると思います。
今回は東京都内で配布をする際のエリア戦略や、
業者の選び方について説明していきます。

東京都の特徴

まずはおおまかな地域ごとの特徴とポスティングをお願いする際に
反響を上げる上で意識しておく点、注意したい点について解説いたします。

東京23区中部のポスティング戦術

東京の中部地区は千代田区・中央区・港区・文京区・新宿区・台東区
がありビジネス街が多く密集している地域になります。
特に多くの路線が乗り入れるターミナル駅 東京駅・上野駅・新宿駅周辺は
事業所が9割、なんて地域もあります。

一軒家はほとんどなく、高層ビルや、ワンルームマンションが立ち並ぶため
配布数が多く必要になります。ポスティングの際はターゲットを明確にし、
配布地域を絞り込んで狙い撃ちする事できちんと反響が見込める
地域です。
大手企業の本社も多い為、企業向けの広告でも大口案件の顧客の獲得もできる
一攫千金のような地域。

ただしポスティングできる枚数が多くなるため、ターゲットの絞り込みが甘いと、
配布部数がかさんでしまい、余計なコストを増やしてしまいます。  
配布方法にもよりますが目安の部数は2~3万部程度が妥当です。

東京23区西部のポスティング戦術

東京の西部地区は渋谷区練馬区・中野区・杉並区・世田谷区
があり住宅街が広がっております。
中央線沿線は若年層のワンルームマンションやアパートが多く
年収、年齢は共に中間層が多い地域になります。
練馬区・世田谷区は一軒家が多く世田谷区は
所得の高い層が多く住んでおります。

世田谷区・渋谷区は高所得者層が多く住んでいる地域があるため、
美容関係のチラシのポスティングや、単価の高い商品のチラシに向いております。
中野区・練馬区・杉並区は庶民的な地域になりますので、
大衆店や激安商品などのチラシがポスティングでは反響が出やすいです。

層が2極化している為地域の境目は配布が難しくなってきます。
チラシを2種類作成して、地域に合わせて広告の内容を分け
配布する等の工夫が必要になってきます

東京23区東部のポスティング戦術

東部地区は葛飾区江戸川区・墨田区・江東区
等の地域があり荒川より内側は都心に通う方のベットタウンとなっております。
江東区・墨田区は再開発が進み大型のショッピングモールや、東京スカイツリーなど
ファミリー層向けの町となっております。
一方葛飾区・江戸川区は一軒家に住むァミリー層が多い地域になります。
ただし世田谷や練馬と比べ、地価が安い為富裕層とまでは言いにくいです。

葛飾区・江戸川区・墨田区は年配層の方が多く健康商品等の販売に向いています。
江東区はファミリー層が多く特に子育て世代が多いため
保育園や幼児向け商品や週末のイベントチラシの反響が出やすいです。
最近墨田区には若年層も増え、年収も少し高い為葛飾区・江戸川区とは
若干違った反応が出るかと思います。

江戸川区・墨田区は、ポスティングするチラシのレイアウトや、
色の使い方が重要になってきます。
特に文字の大きさなどを意識して作成する事で、見てもらいやすくし
じっくり読んでもらう作りにする事で、そのままアクションに
繋げられるよう意識してチラシを作りましょう。

東京23区南部のポスティング戦術

南部地区は目黒区・品川区・大田区等の地域で構成されております。
目黒区・品川区は富裕層も多く最近では高層マンションも立ち並びました。
方や商店街がいくつも残る明るい雰囲気の街です。
大通りも複数走っている為ブロックごとに居住層が分かれております
色々な層の方が住んでおります。地域としては一番平均のとれた区ではないか
と思います。

どのようなチラシでも、可もなく不可もなく反響は見込める地域だと思います。
ただしずば抜けて反響がいいわけでもない為、定期的に配布をする予定がある方に
はおすすめの地域です
、短期間で集客を見込む場合ブロックごとに層が違うため
地域のリサーチをしっかり行い、無駄のないように注意しましょう。

居住層の幅が極端に広い為チラシのデザインも迷います。
裏表デザインを変えて載せたり、価格帯の違う商品を載せる事で、
取りこぼしを減らすことがポスティング成功の秘訣です。

東京23区北部のポスティング戦術

北部地区は豊島区板橋区・北区・荒川区・足立区等の地域で構成されております。
一軒家が多く、庶民派の街並みが広がります。
足立区・葛飾区は低層階の建物が多いため配布効率が落ちる分
単価が高くなる傾向があります。

業種としてはリフォーム・車・ホームセンター等が強い地域になります。
板橋区は家賃も安くワンルームタイプのマンションも多いため、
若年層が多い地域になります。
北区・荒川区は古い住宅や狭小住宅が並ぶ、年齢層が高い地域です。
足立区は車中心の生活をしてる方が多いため、デリバリー等は不向きかもしれません

住宅が少なく、戸建てが多いい地域の為戸建て配布などが向いております。
不動産やリフォーム、車関係の商品を扱う場合は率先して撒いても良いでしょう。
逆に若い方をターゲットにした商品や、高所得者向けの商品はあまり不向きです。
また配布単価が高くなってしまう分、客単価の低すぎる商品も考えものです。

東京でオススメのポスティング業者

東京でポスティングをお願いするうえで重要なのが業者選びです。
東京都内のポスティング会社は代理店も含め100以上になります。
価格が適正か、きちんと配布しているか、東京のエリアを熟知しているか。
きちんと見極めましょう。

東京のポスティング業者選びの注意点

東京はよくも悪くも流通の拠点になります。
多くの仕事があり代理業が成り立ちます。
地域のことがわかっていない、具体的な説明ができない業者は要注意です。

さらに東京でのポスティングは配布部数が多く撒けます。
ただ闇雲に枚数を増やす提案をする業者も要注意です。
部数を増やすにも具体的な理由、またお客様のご状況をお伺いしたうえで
都内の配布に適した配布方法を提案してもらいましょう。

東京のポスティング価格はいくらが妥当?

東京都内でのポスティングは平均4~5円になります。
都内でも地域や配布方法によって単価が変わってきます。
あくまでも一般的な配布方法での価格になります。

極端に安すぎたり、高すぎる単価は要注意です。
東京都内での1時間の平均配布枚数は300~400枚です
単価4円と考えても時間1,200円です。企業の利益と従業員の給料では少なすぎます。
いかがでしょうか。これ以下の単価での対応は、何か裏がないと対応ができません。
詳しくはこちらをご覧ください。

東京都のおすすめポスティング業者 5選

株式会社 アト0120-812-559http://www.tokan-express.co.jp
株式会社 アドネット0120-555-001https://www.ato-co.jp
エリアサポート 株式会社0120-22-6762https://www.1-as-1.com
株式会社トーカンエクスプレス0120-492-812https://foot-works.co.jp
株式会社フットワークス050-5811-6006https://www.adnet-group.com
東京都内で自社配布で信用度の高いポスティング会社を選定しております。

まとめ

東京でのポスティングは枚数が多く必要になるので
地域のマーケティングと配布法帆の選定、デザイン性やなど
しっかりと精査し費用対効果を上げることができるように
対策をしていきましょう。

また業者の選び方はきちんと自社でスタッフを雇用しているか、
都内の情報に精通しているか、単価は適正価格か
を見極めて、反響率の高いポスティングを目指しましょう。

お問い合わせ・ご相談