ポスティングとは?詳しく解説します!【いまさら聞けない概念】

2020年5月27日

みなさんは、ポスティングとはどのんなものかご存知でしょうか。
街中を歩いていると、個別住宅やマンションなどにチラシを
配っている方を見かけたりすることも少なくないのではないでしょうか。
ポスティングとは、
「サービスの広告・宣伝・周知を目的に、チラシやサンプル、
販促物を各戸の郵便受けへ投函する広告媒体のこと」
です。
テレビやインターネットなどのメディアと比べ、
対象地域を絞ってピンポイントに広告・宣伝を行えるのが特徴です。
地域を絞る、という意味では「新聞折込」もありますが、
若い世帯を中心に「新聞を契約していない」という家庭も多いため、
ポスティングはより効率的に地域住民に配布が可能な広告宣伝方法となります。

ポスティングと言っても、単純に各ご家庭にチラシを配るだけではなく、
概念や理論をきちんとご理解いただくことにより、
ただ単にポストにチラシを投函しているのではなく、
もっと効果的に早期事業発現効果をもたらすことも可能となるのです。

ここでは、ポスティングについて基本概念から早期事業効果発現に至るまでの
プロセスをご説明したいと思います。

【ポスティングとは?詳しく解説します】

ポスティングって何?

ポスティングとは言う言葉を良く耳にしますが、その概念は事業者がユーザーに対して
広告宣伝することを主たる目的としています。
具体的には、チラシなどを各ご家庭のポストへと直接投函する行為を指します。

ポスティングの特徴とは?

ポスティングの特徴はエンドユーザーに直接手に取ってもらえる為目に留まりやすく
反響につながる可能性が高くなり集客効果にも繋がります。
最近では行政も地域のお知らせや、イベントのお知らせ等にポスティングを使用していて
信頼性の部分でも十分な媒体になってきました。
また、社会情勢の変化に伴い、新聞を取らないご家庭も増加傾向にあることから、
チラシなどの販促物が各住戸のポストへ届く機会が減少していると言えます。

ネット社会と言えど、ご年配の方たちはスマホなどの媒体を用いた
電子チラシはご覧になられる機会が若者に比べて少ないことから、
ポスティングによりチラシを直接投函することで効果的に宣伝効果が得られる特徴があります。

ポスティングの手段について

効果的に宣伝するための媒体は、チラシ・パンフレットなど多種多様なケースがあり、
実際にポスティングを行うにあたっては、いくつかの手段があります。
ここでは、具体的なポスティング手段についてご紹介したいと思います。

事業者が自社で配布を行う場合

ポスティングは、各戸のポストへ投函するだけなので自社で行うことも可能です。

事業者自身が自らの社員などを使用してポスティングを行います。

実際の成果としては、周辺状況にもよりますが1人あたり配布できる枚数は1時間あたり約300枚とされています。

用意するものは、

  • 配布人員
  • 配布物(チラシ、パンフレットなど各種販促物)

リソースを準備できるという場合には、自社で行うことも検討してみてください。

しかし、自社でのポスティングを行う場合の注意点があります。

それは、

  • ノウハウが無い
  • 配布人員の人件費(複数)が発生する
  • その他業務に支障が出る可能性がある
  • チラシ(販促物)のデザイン制作、印刷手配が必要
  • 効率的に行うまで、コツをつかむまでに時間がかかる
  • 配布エリアやプランなどのマネージメント、戦略が必要    などです。

外注する経費は抑えることができますが、自社社員もボランティアではないため、

人件費がかかるというデメリットもご認識頂ければと思います

しっかりと効果的なポスティングを行うために、上記のポイントを意識して取組みましょう。

ポスティング業者に外注して配布する

自社社員ではなく、宣伝するための媒体を業者へと外注する手法となります。
指定日や配布する枚数、配布エリアなどを指示することによりポスティング作業を迅速に実施てくれます。

経費については、一枚当たり数円~数十円となることから配布規模によっては
自社で行うよりも経費を抑えることが可能となります。

事業者自らバイトなどを雇って配布する

自社社員やポスティング会社で行うのではなく、事業者自ら人手を調達することによりポスティングを行う手法です。
バイトとして雇用した人間にポスティングを任せることが可能となりますが、
複数人で行う場合などについては、単発的に雇った人間であることから統制力に欠けることが想定されるため、
綿密な打合せを行わなければ効果的に配布を行うことが困難であるデメリットもあります。

ポスティング業者を利用するメリット

最大のメリットは、ポスティングに関する業務を一括して任せることができる点です。
詳細なサービスは各業者によりますが、大よそ下記のようなメリットがあります。

  • ポスティングプランの提案
  • 効果的なチラシのデザイン制作、印刷手配
  • 幅広いエリア配布に対応
  • 配布報告書の作成
  • 反響の効果測定
  • 新聞折込へも対応

業者へ依頼することで、先ほど自社ポスティングで挙げた注意点も解決することが可能です。

一口にポスティングと言っても、効果を出す場合には、

  • 消費者を意識したキャッチなチラシ制作ができているか
  • 掛かったコストをしっかり把握できているか
  • ターゲットや戦略を練ることができているか
  • 効率的に作業が行えているか
  • 反響を測定できているか

など専門的な知識や経験が必要になってきます。
そうした部分を任せることができるのは、ポスティング業者を利用する大きなメリットです。

ポスティングによる成果

ポスティングの成果として、主に下記のものが挙げられます

  1. 地域カバー率が高く、ピンポイントで集客を見込める
  2. 何度も見返すことができる
  3. 消費者の手に触れる
  4. チラシ以外の販促物も投函可能

1, 地域カバー率が高く、ピンポイントで集客を見込める

ポスティングは、新聞折込と比べると配布カバー率が特に東京23区の場合には高いです。
指定した地域の消費者にピンポイントで販促を行うことができ、集客を見込むことができます。

2, 何度も見返すことができる

チラシなどは手元に残る媒体なので、すぐに新しい情報に置き換わってしまうインターネットなどのメディアと比べ、手元で何度も見返すことができるのも特徴です。

チラシなどの紙素材は、長い期間保存することにも向いています。
また必要であれば、QRコードなどでホームページへ誘導を促すことができます。

3, 消費者の手に触れる

投函されたチラシは、かならず一度は消費者の手元に渡ります。
一度、目に触れることで、興味のある方・見込み客にリーチすることができます。

目を引くデザイン、クーポンなどでの差別化など、工夫次第ではより効果を挙げることができるでしょう。

4, チラシ以外の販促物も投函可能

投函されたチラシは、かならず一度は消費者の手元に渡ります。
一度、目に触れることで、興味のある方・見込み客にリーチすることができます。

目を引くデザイン、クーポンなどでの差別化など、工夫次第ではより効果を挙げることができるでしょう。

より成果を上げるポスティングをするには?

先述しましたが、ポスティングとは簡単に思われがちですが、
単純にポスティングしただけでは事業者が売り上げを伸ばすための早期事業発現効果が得られないばかりか、
クレームにより自社イメージを傷つけてしまって売り上げが低下するといった
最悪の事態も想定しなければなりません。

ここでは、より成果を上げるスティングとはどのようなものか、
また、自社イメージを傷つけてしまうようなクレームとはどのようなものがあるのかご紹介したいと思います。

配布スケジュールについて

スケジュール感なくチラシ等を配布しても成果は薄いと言えます。
例えば、スーパーなどを想定してご説明したいと思います。

特売日などユーザーの購買意欲を向上させるイベントを打ち出すとして、
エリア一帯へのチラシ配布を一気に行うことにより、より集客効果を得ることができます。
また、チラシを見ていない人もお店の繁盛ぶりを目の当たりにすることにより、
お店への興味を惹くことができますので、より相乗的な集客効果が得られます。

このように、スケジュール感なく配布を行うのではなく、
早期事業発現効果を明確にしたうえでスケジュール感を持った配布を行うことがより効果的であると言えます。

責任者の常駐性について

人を動かすにあたり、統率者がいなければ統制された動きが取れるはずもありません。
現場責任者の立場を明確にすることにより、トップダウンといった指揮命令系統を実現することが出来ます。
複数人を同時に動かす際に、同じエリアを担当させてしまうと
同一住宅に同じチラシなどを複数枚投函してしまうなどのリスクも発生します。
せっかく作成した配布物が同じ住宅に配られてしまうと、効果は全くないと言えるでしょう。
現場責任者により、どこのエリアを誰が担当するのかを明確にすることにより、
より確実に不特定多数のユーザーへと配布することができます。

配布不正抑止について

現場責任者により統率が取れていたとしても、配布する人員は別の人間が行うことによります。
あってはならないことであり、責任感やモラルといった人間性に起因する部分にもなりますが、
適当にポスティングをされてしまったり早く作業を終わらせるために捨ててしまったり
同じ住宅に何枚もポスティングされてしまっては意味がありません。

そこで、配布不正を抑制するための対策を講じる必要性が生じてきます。

例えば、チラシなどを受け取った人には分からない程度のマーキングを行うことにより、
誰がどのチラシなどを配布したのかを明確にする仕組みなどを構築します。
そうすることにより、不正を働いた人間が誰なのかをすぐに特定できるような
体制を構築することにより配布不正を抑制することが出来ます。

自社イメージを傷つけるクレームについて

特定のエリアによっては、チラシなどを配布することによる苦情が寄せられている地域などもあります。
そういった地域に対してポスティングをしてしまうとユーザーは不快な思いしかしないため
自社ブランドに悪いイメージをもたれてしまい、逆に売り上げが落ちてしまうこともあります。
そういった過去の経過なども踏まえてポスティングすることが重要であると言えるでしょう。

どのようにポスティングするのが一番良いのか?

ここまで、ポスティングについて論じさせて頂きました。

事業者にとって早期事業発現効果をもたらすためには、どのようにするのが一番良いでしょうか。答えは非常に簡単です。

一番効果的なのは、ポスティング業者へと依頼することです。

まずポスティング業者では、現場責任者を筆頭とした人員確保が可能となります。
また、実際にチラシなどを配布する人間についても、
ポスティング業者に登録された人間であることから、一過性のバイトと考える思想ではなく、
プロ意識を持った優秀な人材が確保されていることから適正にポスティングを行うことが可能となります。

配布をするうえでクレームに対する対策や、業者の選び方が反響を左右する重要な選択肢になってきます。

また、今まで培ってきた経験や知見を活かして、
クレームが発生する地域などを把握していることから自社ブランドを傷つけてしまう恐れもありません。

一番ネックとなる人件費についても、
自社社員や慣れていないバイトなどを使うとチラシなどの配布枚数が減少してしまったりと非効率化に伴う経費の増大が懸念されます。
ポスティング業者に依頼することにより、限られたよそんで最大限の早期事業発現効果を期待できることから、経費についても結果的には抑制することが可能です。

このように、ポスティングをお考えになられている方は、是非とも東京のポスティング業者へとご依頼されることを強くおすすめします!

お問い合わせ・ご相談