ポスティングバイトで給料を稼ぐコツ【効果的に儲ける】

小銭を貯めている

ポスティングのバイトが気になっていますか?
ポスティングバイトは給料が歩合制の収入なので自分の力を高めていくことができます。
ポスティングバイトで効率良く稼ぐ方法や、ポスティングバイトで気を付ける方法を解説していきます。
ぜひトップのポスティングバイトを目指していきましょう!

【配布のコツと稼ぎ方】

ぜひトップのポスティングバイトを目指していきましょう

Dさんの体験談

ポスティングバイトとは簡単に説明すると「チラシを配る仕事」です。

広告を出したい企業がポスティング配布専門の企業に依頼し、顧客になってくれそうなエリアに向けてチラシを配ります。
広告主側の企業は様々な業種が存在します。

  • 飲食業界
  • 施工業界
  • 美容業界
  • 通信販売

など、非常に多岐にわたります。

完全歩合制の給料制度なので稼ぎやすい

ポスティングバイトは完全歩合制になります。
時給で支払ってくれる会社もありますが、完全歩合制の方が稼ぎやすい傾向があります。

歩合制の計算方法としては「配布枚数×チラシ単価」になります。
例を上げますと、配布枚数が300枚、チラシ単価が2.7円だった場合は「810円」になります。

ポスティング会社はたくさん存在しますが、その中でも「信用のある業者を選ぶこと」が大切になります。

ポスティング 業者を選ぶコツ

ポスティング業者が多いため、どのようにポスティング業者を選んでよいかわからない方も多いかと思います。
参考までに、私がポスティング業者を選ぶときに重要視したのは下記の2つです

  • チラシ単価が高い業者を選ぶこと
  • 福利厚生(バイクの無料貸し出し)がしっかりとしていること

ポスティングバイトは「チラシ単価」が最も重要です。

例えばチラシ単価に倍の差があった場合、貰える給料も倍になりますよね

チラシ単価が高い業者を選ぶことは、そのまま自分の給料が上がっていくことに繋がります

また、チラシ単価と合わせて重要なのが「速度」です。
速度を上げるためには、どうしても走って回るのでは限界がきます。

そこで原付など無料で貸し出してくれるポスティング業者であれば、圧倒的に配布速度が高まります。

チラシ単価が高く、なおかつ速度を求められるポスティング業者を選ぶことがおすすめです。

ポスティングバイトで効率よく給料を稼ぐコツ

では実際に、ポスティングバイトの経験から学んだ「効率良く給料を稼ぐコツ」を伝授していこうと思います。
具体的な方法は下記の通りです。

  • 同じ道を通らないこと
  • とにかく速度を重視すること
  • 管理人にばれないこと

それぞれ順番に解説していきます。

同じ道を通らないこと

ポスティングバイトでなるべく速くチラシを配るためには、同じ道を通ってしまうことは非効率です。

ポスティングバイトを回る前にあらかじめ自分が回るルートを考えておいて、
最短距離でルートを回れるようにしましょう。
地図にルートの線を引いたときに「人筆書きをイメージすると良いと思います。

とにかく速度を重視すること

2つめがとにかく速度を重視することです。
もちろんポスティングは「企業の営業の一環」ですので、

ポスティング先のお客様に迷惑がかからないよう注意することが大切です。

スピードを意識する時は「原付で移動すること」が大事になります。
原付であれば道路の混雑状況に左右されることもなく、より効率的にチラシを投函することができます

合わせて「自分の動きやすい服装で回ること」が大切です。
ポスティングバイトは服装が自由ですので、とにかく自分が動きやすいものを選ぶことをおすすめします。

私がポスティングした時も「原付×スニーカー×スポーツウェア」でした。

管理人にバレないこと

ポスティングするエリアによっては、集合住宅やマンションなどが多いエリアがあります。
ポスティングバイトでマンションが多いエリアに当たった時は「今日の勝利」を確信しても良いぐらいのビッグチャンスです。

しかしマンションや集合住宅の管理人に見つかってしまうと、どうしてもチラシ投函を断られるケースがでてきます。

見つかってしまうとマンション一棟分のチラシが残ってしまうわけですから、給料が大幅に下がってしまいますよね

実際私も1日で「二人の管理人」に見つかってしまうミスを犯し、給料が全然貰えないという地獄を味わいました…。

管理人がいないお昼の休憩を取っているときなど、管理人がいない時間を狙っていきましょう

量と速度が最重要

ポスティングバイトは「量と速度」が最重要です。
簡単な話ですが、チラシを配る量を最大化し、チラシを配るスピードを最大化すれば給料も最大化」します。

1日で1万円稼ぐためには、チラシ単価2.7円の場合「3,700枚」配布する必要があります。
とにかく量と速度を意識することがおすすめです。

集合ポスト

稼ぐために必要なことは

Bさんの体験談

ポスティングは、一枚単価の給与の場合、効率性がとても重要になります。

稼ぐためには、自分でノウハウを見つけることが大切です。

効率が落ちる要因は多くありますが、対策とコツを理解すれば、効率を落とさずに作業を行うことが可能になります。

私が実際にポスティングを行う際に気をつけていたことを紹介します。稼ぐためのヒントが隠されているのでぜひ参考にしてください。

投函スキルを磨く

ポスティングで最も時間がかかる作業が、ポストにチラシを入れる作業です。
チラシ1枚を取り出して、効率よくポストに入れておく作業を短縮化できれば、時間短縮が可能です。
特に集合住宅では、投函スキルが求められます

投函スキルは件数をこなしていけば身についていきます
そのため、初めの頃は稼ぐのではなく、スピーディーな投函をおこなうために必要なスキルを身につけるようにしましょう。

ポスティング会社によっては、専用のバッグの貸し出し、販売をおこなっている場合もあります。
このようなカバンを活用すると、作業が効率化するので積極的に導入するようにしてください。

効率のよいルートを検討する

投函方法と合わせて重要なアプローチが、投函ルートです。投函スピードをあげるためには、どのようなルートでエリアを回るかを検討しておく必要があります。効率よく回るために大切なことは、一筆書きで地図をめぐることです。

同じルートを何往復していると、あまり素早い投函ができません。
そのため、投函する際は、同じエリアを回らないような効率のよいルートを選びましょう。

ポスティング会社を選定する

稼ぐためにスキルを身につけていても、良い会社でポスティングをしなければ高収入が期待できません。
ノルマがきつい、報酬がかなり低い、スキルを身につけるだけでなく、
報酬がしっかりと提示され、アルバイトについて負担をさせない業者を選ぶようにしましょう。

ちなみに、エリアサポートは業界トップクラスの配布単価になります。

良い会社の見分け方

ポスティングバイトをするためにはよい会社を見極める必要があります。
ここからは働きやすい会社の見分け方について紹介します。

フォロー体制がよい

第一の条件として、フォロー体制がしっかりとしている会社を選ぶようにしましょう。
良い会社であれば、初心者のアルバイトでもしっかりと成長できるよう、
ノルマを達成できない場合でも一定の補償金制度を採用している会社もあります。

さらに、入社したてのスタッフは、多くの量をこなせないので、厳しいノルマを課すことはありません。
ノルマを課さないフォロー体制がしっかりとしている会社を選ぶように心がけましょう。

面接時に明確な説明がある

よい会社の特徴として、面接時に明確な説明があります。
採用前提で面接をおこなうケースも多く、どのような働き方になるのかはもちろんのこと、
バイトシフトの決め方、レンタル品の確認など、アルバイトスタッフが困らないよう丁寧な説明がおこなわれます。
しかし、悪徳な会社になると稼げる事しかアピールしないことがあります。
私の働いていた会社では、注意事項を丁寧に説明していたので、最初からどのように働けばよいかはっきりと知ることができ、
トラブルなく仕事に取り掛かることができました。
抽象的な説明だけでなく、具体的な説明をする会社を選ぶように心がけましょう。

お試しで働いてみる

いくらフォロー体制がしっかりしている会社でも、相性の良い会社とそうでない会社があります。
まずは、1週間から2週間程度実際に働いてみて自分と相性が良いかどうかを判断してください

最も大切なことは、アルバイト会社との相性です。
働きやすい環境でポスティングをおこなうことも重要なことなので、お試しで働くようにしましょう。

まとめ

それではポスティング体験談は以上になります。

ポスティングで大事なのは「量×速度」です。
あなたにポスティングの実績がついてこれば、翌月から「チラシ単価がアップ」するケースも多いです。

まずは自分が信頼できるポスティング会社を選び、ポスティングルートを頭に思い浮かべておきましょう。
成功のポスティングバイトとなるよう頑張ってください!